Sphinxの更新履歴

Release 1.5.6 (released May 15, 2017)

バグ修正

  • #3614: Sphinx crashes with requests-2.5.0
  • #3618: autodoc crashes with tupled arguments
  • #3664: No space after the bullet in items of a latex list produced by Sphinx
  • #3657: EPUB builder crashes if document startswith genindex exists
  • #3588: No compact (p tag) html output in the i18n document build even when html_compact_lists is True.
  • #3685: AttributeError when using 3rd party domains
  • #3702: LaTeX writer styles figure legends with a hard-coded \small
  • #3708: LaTeX writer allows irc scheme
  • #3717: Stop enforcing that favicon’s must be .ico
  • #3731, #3732: Protect isenumclass predicate against non-class arguments
  • #3320: Warning about reference target not being found for container types
  • Misspelled ARCHIVEPREFIX in Makefile for latex build repertory

Release 1.5.5 (released Apr 03, 2017)

バグ修正

  • #3597: python domain raises UnboundLocalError if invalid name given
  • #3599: Move to new Mathjax CDN

Release 1.5.4 (released Apr 02, 2017)

機能拡張

  • #3470: Make genindex support all kinds of letters, not only Latin ones

バグ修正

  • #3445: setting 'inputenc' key to \\usepackage[utf8x]{inputenc} leads to failed PDF build
  • EPUB file has duplicated nav.xhtml link in content.opf except first time build
  • #3488: objects.inv has broken when release or version contain return code
  • #2073, #3443, #3490: gettext builder that writes pot files unless the content are same without creation date. Thanks to Yoshiki Shibukawa.
  • #3487: intersphinx: failed to refer options
  • #3496: latex longtable’s last column may be much wider than its contents
  • #3507: wrong quotes in latex output for productionlist directive
  • #3533: Moving from Sphinx 1.3.1 to 1.5.3 breaks LaTeX compilation of links rendered as code
  • #2665, #2607: Link names in C++ docfields, and make it possible for other domains.
  • #3542: C++, fix parsing error of non-type template argument with template.
  • #3065, #3520: python domain fails to recognize nested class
  • #3575: Problems with pdflatex in a Turkish document built with sphinx has reappeared (refs #2997, #2397)
  • #3577: Fix intersphinx debug tool
  • A LaTeX command such as \\large inserted in the title items of latex_documents causes failed PDF build (refs #3551, #3567)

Release 1.5.3 (released Feb 26, 2017)

機能拡張

  • Support requests-2.0.0 (experimental) (refs: #3367)
  • (latex) PDF page margin dimensions may be customized (refs: #3387)
  • #3400: make-mode doesn’t use subprocess on building docs

バグ修正

  • #3370: the caption of code-block is not picked up for translation
  • LaTeX: release is not escaped (refs: #3362)
  • #3364: sphinx-quickstart prompts overflow on Console with 80 chars width
  • since 1.5, PDF’s TOC and bookmarks lack an entry for general Index (refs: #3383)
  • #3392: 'releasename' in latex_elements is not working
  • #3356: Page layout for Japanese 'manual' docclass has a shorter text area
  • #3394: When 'pointsize' is not 10pt, Japanese 'manual' document gets wrong PDF page dimensions
  • #3399: quickstart: conf.py was not overwritten by template
  • #3366: option directive does not allow punctuations
  • #3410: return code in release breaks html search
  • #3427: autodoc: memory addresses are not stripped on Windows
  • #3428: xetex build tests fail due to fontspec v2.6 defining \strong
  • #3349: Result of IndexBuilder.load() is broken
  • #3450: &nbsp is appeared in EPUB docs
  • #3418: Search button is misaligned in nature and pyramid theme
  • #3421: Could not translate a caption of tables
  • #3552: linkcheck raises UnboundLocalError

Release 1.5.2 (released Jan 22, 2017)

互換性のない変更

  • Dependency requirement updates: requests 2.4.0 or above (refs: #3268, #3310)

機能拡張

  • #3241: emit latex warning if buggy titlesec (ref #3210)
  • #3194: Refer the $MAKE environment variable to determine make command
  • Emit warning for nested numbered toctrees (refs: #3142)
  • #978: intersphinx_mapping also allows a list as a parameter
  • #3340: (LaTeX) long lines in parsed-literal are wrapped like in code-block, inline math and footnotes are fully functional.

バグ修正

  • #3246: xapian search adapter crashes
  • #3253: In Py2 environment, building another locale with a non-captioned toctree produces None captions
  • #185: References to section title including raw node has broken
  • #3255: In Py3.4 environment, autodoc doesn’t support documentation for attributes of Enum class correctly.
  • #3261: latex_use_parts makes sphinx crash
  • The warning type misc.highlighting_failure does not work
  • #3294: add_latex_package() make crashes non-LaTeX builders
  • The caption of table are rendered as invalid HTML (refs: #3287)
  • #3268: Sphinx crashes with requests package from Debian jessie
  • #3284: Sphinx crashes on parallel build with an extension which raises unserializable exception
  • #3315: Bibliography crashes on latex build with docclass ‘memoir’
  • #3328: Could not refer rubric implicitly
  • #3329: emit warnings if po file is invalid and can’t read it. Also writing mo too
  • #3337: Ugly rendering of definition list term’s classifier
  • #3335: gettext does not extract field_name of a field in a field_list
  • #2952: C++, fix refs to operator() functions.
  • Fix Unicode super- and subscript digits in code-block and parsed-literal LaTeX output (ref #3342)
  • LaTeX writer: leave " character inside parsed-literal as is (ref #3341)
  • #3234: intersphinx failed for encoded inventories
  • #3158: too much space after captions in PDF output
  • #3317: An URL in parsed-literal contents gets wrongly rendered in PDF if with hyphen
  • LaTeX crash if the filename of an image inserted in parsed-literal via a substitution contains an hyphen (ref #3340)
  • LaTeX rendering of inserted footnotes in parsed-literal is wrong (ref #3340)
  • Inline math in parsed-literal is not rendered well by LaTeX (ref #3340)
  • #3308: Parsed-literals don’t wrap very long lines with pdf builder (ref #3340)
  • #3295: Could not import extension sphinx.builders.linkcheck
  • #3285: autosummary: asterisks are escaped twice
  • LaTeX, pass dvipdfm option to geometry package for Japanese documents (ref #3363)
  • Fix parselinenos() could not parse left half open range (cf. “-4”)

Release 1.5.1 (released Dec 13, 2016)

機能拡張

  • #3214: Allow to suppress “unknown mimetype” warnings from epub builder using suppress_warnings.

バグ修正

  • #3195: Can not build in parallel
  • #3198: AttributeError is raised when toctree has ‘self’
  • #3211: Remove untranslated sphinx locale catalogs (it was covered by untranslated it_IT)
  • #3212: HTML Builders crashes with docutils-0.13
  • #3207: more latex problems with references inside parsed-literal directive (\DUrole)
  • #3205: sphinx.util.requests crashes with old pyOpenSSL (< 0.14)
  • #3220: KeyError when having a duplicate citation
  • #3200: LaTeX: xref inside desc_name not allowed
  • #3228: build_sphinx command crashes when missing dependency
  • #2469: Ignore updates of catalog files for gettext builder. Thanks to Hiroshi Ohkubo.
  • #3183: Randomized jump box order in generated index page.

リリース 1.5 (2016年12月5日)

互換性のない変更

1.5a1

  • latex, package fancybox is not longer a dependency of sphinx.sty
  • Use 'locales' as a default value of locale_dirs
  • latex, package ifthen is not any longer a dependency of sphinx.sty
  • latex, style file does not modify fancyvrb’s Verbatim (also available as OriginalVerbatim) but uses sphinxVerbatim for name of custom wrapper.
  • latex, package newfloat is not used (and not included) anymore (ref #2660; it was used since 1.3.4 and shipped with Sphinx since 1.4).
  • latex, literal blocks in tables do not use OriginalVerbatim but sphinxVerbatimintable which handles captions and wraps lines (ref #2704).
  • latex, replace pt by TeX equivalent bp if found in width or height attribute of an image.
  • latex, if width or height attribute of an image is given with no unit, use px rather than ignore it.
  • latex: Separate stylesheets of pygments to independent .sty file
  • #2454: The filename of sourcelink is now changed. The value of html_sourcelink_suffix will be appended to the original filename (like index.rst.txt).
  • sphinx.util.copy_static_entry() is now deprecated. Use sphinx.util.fileutil.copy_asset() instead.
  • sphinx.util.osutil.filecopy() skips copying if the file has not been changed (ref: #2510, #2753)
  • Internet Explorer 6-8, Opera 12.1x or Safari 5.1+ support is dropped because jQuery version is updated from 1.11.0 to 3.1.0 (ref: #2634, #2773)
  • QtHelpBuilder doens’t generate search page (ref: #2352)
  • QtHelpBuilder uses nonav theme instead of default one to improve readability.
  • latex: To provide good default settings to Japanese documents, Sphinx uses jreport and jsbook as docclass if language is ja.
  • sphinx-quickstart now allows a project version is empty
  • Fix :download: role on epub/qthelp builder. They ignore the role because they don’t support it.
  • sphinx.ext.viewcode doesn’t work on epub building by default. viewcode_enable_epub option
  • sphinx.ext.viewcode disabled on singlehtml builder.
  • Use make-mode of sphinx-quickstart by default. To disable this, use -M option
  • Fix genindex.html, Sphinx’s document template, link address to itself to satisfy xhtml standard.
  • Use epub3 builder by default. And the old epub builder is renamed to epub2.
  • Fix epub and epub3 builders that contained links to genindex even if epub_use_index = False.
  • html_translator_class is now deprecated. Use Sphinx.set_translator() API instead.
  • Drop python 2.6 and 3.3 support
  • Drop epub3 builder’s epub3_page_progression_direction option (use epub3_writing_mode).
  • #2877: Rename latex_elements['footer'] to latex_elements['atendofbody']

1.5a2

  • #2983: Rename epub3_description and epub3_contributor to epub_description and epub_contributor.
  • Remove themes/basic/defindex.html; no longer used
  • Sphinx does not ship anymore (but still uses) LaTeX style file fncychap
  • #2435: Slim down quickstarted conf.py
  • The sphinx.sty latex package does not load itself “hyperref”, as this is done later in the preamble of the latex output via 'hyperref' key.
  • Sphinx does not ship anymore a custom modified LaTeX style file tabulary. The non-modified package is used.
  • #3057: By default, footnote marks in latex PDF output are not preceded by a space anymore, \sphinxBeforeFootnote allows user customization if needed.

1.5 final

  • #2986: themes/basic/defindex.html is now deprecated
  • Emit warnings that will be deprecated in Sphinx 1.6 by default. Users can change the behavior by setting the environment variable PYTHONWARNINGS. Please refer Deprecation Warnings.
  • #2454: new JavaScript variable SOURCELINK_SUFFIX is added

撤廃

These features are removed in Sphinx-1.6:

  • LDML format support in i18n feature
  • sphinx.addnodes.termsep
  • Some functions and classes in sphinx.util.pycompat: zip_longest, product, all, any, next, open, class_types, base_exception, relpath, StringIO, BytesIO. Please use the standard library version instead;

If any deprecation warning like RemovedInSphinxXXXWarning are displayed, please refer Deprecation Warnings.

機能拡張

1.5a1

  • #2951: Add --implicit-namespaces PEP-0420 support to apidoc.
  • sphinx.ext.inheritance_diagramに :caption: オプションを追加しました。
  • #2471: Add config variable for default doctest flags.
  • Convert linkcheck builder to requests for better encoding handling
  • #2463, #2516: Add keywords of “meta” directive to search index
  • :maxdepth: option of toctree affects secnumdepth (ref: #2547)
  • #2575: Now sphinx.ext.graphviz allows :align: option
  • Show warnings if unknown key is specified to latex_elements
  • Show warnings if no domains match with primary_domain (ref: #2001)
  • C++, show warnings when the kind of role is misleading for the kind of target it refers to (e.g., using the class role for a function).
  • latex, writer abstracts more of text styling into customizable macros, e.g. the visit_emphasis will output \sphinxstyleemphasis rather than \emph (which may be in use elsewhere or in an added LaTeX package). See list at end of sphinx.sty (ref: #2686)
  • latex, public names for environments and parameters used by note, warning, and other admonition types, allowing full customizability from the 'preamble' key or an input file (ref: feature request #2674, #2685)
  • latex, better computes column widths of some tables (as a result, there will be slight changes as tables now correctly fill the line width; ref: #2708)
  • latex, sphinxVerbatim environment is more easily customizable (ref: #2704). In addition to already existing VerbatimColor and VerbatimBorderColor:
    • two lengths \sphinxverbatimsep and \sphinxverbatimborder,
    • booleans \ifsphinxverbatimwithframe and \ifsphinxverbatimwrapslines.
  • latex, captions for literal blocks inside tables are handled, and long code lines wrapped to fit table cell (ref: #2704)
  • #2597: Show warning messages as darkred
  • latex, allow image dimensions using px unit (default is 96px=1in)
  • Show warnings if invalid dimension units found
  • #2650: Add --pdb option to setup.py command
  • latex, make the use of \small for code listings customizable (ref #2721)
  • #2663: Add --warning-is-error option to setup.py command
  • Show warnings if deprecated latex options are used
  • Add sphinx.config.ENUM to check the config values is in candidates
  • math: Add hyperlink marker to each equations in HTML output
  • Add new theme nonav that doesn’t include any navigation links. This is for any help generator like qthelp.
  • #2680: sphinx.ext.todo now emits warnings if todo_emit_warnings enabled. Also, it emits an additional event named todo-defined to handle the TODO entries in 3rd party extensions.
  • Python domain signature parser now uses the xref mixin for ‘exceptions’, allowing exception classes to be autolinked.
  • #2513: Add latex_engine to switch the LaTeX engine by conf.py
  • #2682: C++, basic support for attributes (C++11 style and GNU style). The new configuration variables ‘cpp_id_attributes’ and ‘cpp_paren_attributes’ can be used to introduce custom attributes.
  • #1958: C++, add configuration variable ‘cpp_index_common_prefix’ for removing prefixes from the index text of C++ objects.
  • C++, added concept directive. Thanks to mickk-on-cpp.
  • C++, added support for template introduction syntax. Thanks to mickk-on-cpp.
  • #2725: latex builder: allow to use user-defined template file (experimental)
  • apidoc now avoids invalidating cached files by not writing to files whose content doesn’t change. This can lead to significant performance wins if apidoc is run frequently.
  • #2851: sphinx.ext.math emits missing-reference event if equation not found
  • #1210: eqref role now supports cross reference
  • #2892: Added -a (--append-syspath) option to sphinx-apidoc
  • #1604: epub3 builder: Obey font-related CSS when viewing in iBooks.
  • #646: option directive support ‘.’ character as a part of options
  • Add document about kindlegen and fix document structure for it.
  • #2474: Add intersphinx_timeout option to sphinx.ext.intersphinx
  • #2926: EPUB3 builder supports vertical mode (epub3_writing_mode option)
  • #2695: build_sphinx subcommand for setuptools handles exceptions as same as sphinx-build does
  • #326: numref role can also refer sections
  • #2916: numref role can also refer caption as an its linktext

1.5a2

  • #3008: linkcheck builder ignores self-signed certificate URL
  • #3020: new 'geometry' key to latex_elements whose default uses LaTeX style file geometry.sty to set page layout
  • #2843: Add :start-at: and :end-at: options to literalinclude directive
  • #2527: Add :reversed: option to toctree directive
  • Add -t and -d option to sphinx-quickstart to support templating generated sphinx project.
  • #3028: Add {path} and {basename} to the format of figure_language_filename
  • new 'hyperref' key in the latex_elements dictionary (ref #3030)
  • #3022: Allow code-blocks in footnotes for LaTeX PDF output

1.5b1

  • #2513: A better default settings for XeLaTeX
  • #3096: 'maxlistdepth' key to work around LaTeX list limitations
  • #3060: autodoc supports documentation for attributes of Enum class. Now autodoc render just the value of Enum attributes instead of Enum attribute representation.
  • Add --extensions to sphinx-quickstart to support enable arbitrary extensions from command line (ref: #2904)
  • #3104, #3122: 'sphinxsetup' for key=value styling of Sphinx LaTeX
  • #3071: Autodoc: Allow mocked module decorators to pass-through functions unchanged
  • #2495: linkcheck: Allow skipping anchor checking using linkcheck_anchors_ignore
  • #3083: let Unicode no-break space act like LaTeX ~ (fixed #3019)
  • #3116: allow word wrap in PDF output for inline literals (ref #3110)
  • #930: sphinx-apidoc allow wildcards for excluding paths. Thanks to Nick Coghlan.
  • #3121: add inlineliteralwraps option to control if inline literal word-wraps in latex

1.5 final

  • #3095: Add tls_verify and tls_cacerts to support self-signed HTTPS servers in linkcheck and intersphinx
  • #2215: make.bat generated by sphinx-quickstart can be called from another dir. Thanks to Timotheus Kampik.
  • #3185: Add new warning type misc.highlighting_failure

バグ修正

1.5a1

  • #2707: (latex) the column width is badly computed for tabular
  • #2799: Sphinx installs roles and directives automatically on importing sphinx module. Now Sphinx installs them on running application.
  • sphinx.ext.autodoc crashes if target code imports * from mock modules by autodoc_mock_imports.
  • #1953: Sphinx.add_node does not add handlers the translator installed by html_translator_class
  • #1797: text builder inserts blank line on top
  • #2894: quickstart main() doesn’t use argv argument
  • #2874: gettext builder could not extract all text under the only directives
  • #2485: autosummary crashes with multiple source_suffix values
  • #1734: Could not translate the caption of toctree directive
  • Could not translate the content of meta directive (ref: #1734)
  • #2550: external links are opened in help viewer
  • #2687: Running Sphinx multiple times produces ‘already registered’ warnings

1.5a2

  • #2810: Problems with pdflatex in an Italian document
  • Use latex_elements.papersize to specify papersize of LaTeX in Makefile
  • #2988: linkcheck: retry with GET request if denied HEAD request
  • #2990: linkcheck raises “Can’t convert ‘bytes’ object to str implicitly” error if linkcheck_anchors enabled
  • #3004: Invalid link types “top” and “up” are used
  • #3009: Bad rendering of parsed-literals in LaTeX since Sphinx 1.4.4
  • #3000: option directive generates invalid HTML anchors
  • #2984: Invalid HTML has been generated if html_split_index enabled
  • #2986: themes/basic/defindex.html should be changed for html5 friendly
  • #2987: Invalid HTML has been generated if multiple IDs are assigned to a list
  • #2891: HTML search does not provide all the results
  • #1986: Title in PDF Output
  • #147: Problem with latex chapter style
  • #3018: LaTeX problem with page layout dimensions and chapter titles
  • Fix an issue with \pysigline in LaTeX style file (ref #3023)
  • #3038: sphinx.ext.math* raises TypeError if labels are duplicated
  • #3031: incompatibility with LaTeX package tocloft
  • #3003: literal blocks in footnotes are not supported by Latex
  • #3047: spacing before footnote in pdf output is not coherent and allows breaks
  • #3045: HTML search index creator should ignore “raw” content if now html
  • #3039: English stemmer returns wrong word if the word is capitalized
  • Fix make-mode Makefile template (ref #3056, #2936)

1.5b1

  • #2432: Fix unwanted * between varargs and keyword only args. Thanks to Alex Grönholm.
  • #3062: Failed to build PDF using 1.5a2 (undefined \hypersetup for Japanese documents since PR#3030)
  • Better rendering of multiline signatures in html.
  • #777: LaTeX output “too deeply nested” (ref #3096)
  • Let LaTeX image inclusion obey scale before textwidth fit (ref #2865, #3059)
  • #3019: LaTeX fails on description of C function with arguments (ref #3083)
  • fix latex inline literals where < > - gobbled a space

1.5 final

  • #3069: Even if 'babel' key is set to empty string, LaTeX output contains one \addto\captions...
  • #3123: user 'babel' key setting is not obeyed anymore
  • #3155: Fix JavaScript for html_sourcelink_suffix fails with IE and Opera
  • #3085: keep current directory after breaking build documentation. Thanks to Timotheus Kampik.
  • #3181: pLaTeX crashes with a section contains endash
  • #3180: latex: add stretch/shrink between successive singleline or multipleline cpp signatures (ref #3072)
  • #3128: globing images does not support .svgz file
  • #3015: fix a broken test on Windows.
  • #1843: Fix documentation of descriptor classes that have a custom metaclass. Thanks to Erik Bray.
  • #3190: util.split_docinfo fails to parse multi-line field bodies
  • #3024, #3037: In Python3, application.Sphinx._log crushed when the log message cannot be encoded into console encoding.

Testing

  • To simplify, sphinx uses external mock package even if unittest.mock exists.

Release 1.4.9 (released Nov 23, 2016)

バグ修正

  • #2936: Fix doc/Makefile that can’t build man because doc/man exists
  • #3058: Using the same ‘caption’ attribute in multiple ‘toctree’ directives results in warning / error
  • #3068: Allow the ‘=’ character in the -D option of sphinx-build.py
  • #3074: add_source_parser() crashes in debug mode
  • #3135: sphinx.ext.autodoc crashes with plain Callable
  • #3150: Fix query word splitter in JavaScript. It behaves as same as Python’s regular expression.
  • #3093: gettext build broken on substituted images.
  • #3093: gettext build broken on image node under note directive.
  • imgmath: crashes on showing error messages if image generation failed
  • #3117: LaTeX writer crashes if admonition is placed before first section title
  • #3164: Change search order of sphinx.ext.inheritance_diagram

Release 1.4.8 (released Oct 1, 2016)

バグ修正

  • #2996: The wheel package of Sphinx got crash with ImportError

Release 1.4.7 (released Oct 1, 2016)

バグ修正

  • #2890: Quickstart should return an error consistently on all error conditions
  • #2870: flatten genindex columns’ heights.
  • #2856: Search on generated HTML site doesnt find some symbols
  • #2882: Fall back to a GET request on 403 status in linkcheck
  • #2902: jsdump.loads fails to load search index if keywords starts with underscore
  • #2900: Fix epub content.opf: add auto generated orphan files to spine.
  • #2899: Fix hasdoc() function in Jinja2 template. It can detect genindex, search collectly.
  • #2901: Fix epub result: skip creating links from image tags to original image files.
  • #2917: inline code is hyphenated on HTML
  • #1462: autosummary warns for namedtuple with attribute with trailing underscore
  • Could not reference equations if :nowrap: option specified
  • #2873: code-block overflow in latex (due to commas)
  • #1060, #2056: sphinx.ext.intersphinx: broken links are generated if relative paths are used in intersphinx_mapping
  • #2931: code-block directive with same :caption: causes warning of duplicate target. Now code-block and literalinclude does not define hyperlink target using its caption automatially.
  • #2962: latex: missing label of longtable
  • #2968: autodoc: show-inheritance option breaks docstrings

Release 1.4.6 (released Aug 20, 2016)

互換性のない変更

  • #2867: linkcheck builder crashes with six-1.4. Now Sphinx depends on six-1.5 or later

バグ修正

  • applehelp: Sphinx crashes if hiutil or codesign commands not found
  • Fix make clean abort issue when build dir contains regular files like DS_Store.
  • Reduce epubcheck warnings/errors:
    • Fix DOCTYPE to html5
    • Change extension from .html to .xhtml.
    • Disable search page on epub results
  • #2778: Fix autodoc crashes if obj.__dict__ is a property method and raises exception
  • Fix duplicated toc in epub3 output.
  • #2775: Fix failing linkcheck with servers not supporting identidy encoding
  • #2833: Fix formatting instance annotations in ext.autodoc.
  • #1911: -D option of sphinx-build does not override the extensions variable
  • #2789: sphinx.ext.intersphinx generates wrong hyperlinks if the inventory is given
  • parsing errors for caption of code-blocks are displayed in document (ref: #2845)
  • #2846: singlehtml builder does not include figure numbers
  • #2816: Fix data from builds cluttering the Domain.initial_data class attributes

Release 1.4.5 (released Jul 13, 2016)

互換性のない変更

  • latex, inclusion of non-inline images from image directive resulted in non-coherent whitespaces depending on original image width; new behaviour by necessity differs from earlier one in some cases. (ref: #2672)
  • latex, use of \includegraphics to refer to Sphinx custom variant is deprecated; in future it will revert to original LaTeX macro, custom one already has alternative name \sphinxincludegraphics.

機能拡張

  • new config option latex_keep_old_macro_names, defaults to True. If False, lets macros (for text styling) be defined only with \sphinx-prefixed names.
  • latex writer allows user customization of “shadowed” boxes (topics), via three length variables.
  • woff-format web font files now supported by the epub builder.

バグ修正

  • jsdump fix for python 3: fixes the HTML search on python > 3
  • #2676: (latex) Error with verbatim text in captions since Sphinx 1.4.4
  • #2629: memoir class crashes LaTeX. Fixed by latex_keep_old_macro_names=False (ref 2675)
  • #2684: sphinx.ext.intersphinx crashes with six-1.4.1
  • #2679: float package needed for 'figure_align': 'H' latex option
  • #2671: image directive may lead to inconsistent spacing in pdf
  • #2705: toctree generates empty bullet_list if :titlesonly: specified
  • #2479: sphinx.ext.viewcode uses python2 highlighter by default
  • #2700: HtmlHelp builder has hard coded index.html
  • latex, since 1.4.4 inline literal text is followed by spurious space
  • #2722: C++, fix id generation for var/member declarations to include namespaces.
  • latex, images (from image directive) in lists or quoted blocks did not obey indentation (fixed together with #2671)
  • #2733: since Sphinx-1.4.4 make latexpdf generates lots of hyperref warnings
  • #2731: sphinx.ext.autodoc does not access propertymethods which raises any exceptions
  • #2666: C++, properly look up nested names involving constructors.
  • #2579: Could not refer a label including both spaces and colons via sphinx.ext.intersphinx
  • #2718: Sphinx crashes if the document file is not readable
  • #2699: hyperlinks in help HTMLs are broken if html_file_suffix is set
  • #2723: extra spaces in latex pdf output from multirow cell
  • #2735: latexpdf Underfull \hbox (badness 10000) warnings from title page
  • #2667: latex crashes if resized images appeared in section title
  • #2763: (html) Provide default value for required alt attribute for image tags of SVG source, required to validate and now consistent w/ other formats.

Release 1.4.4 (released Jun 12, 2016)

バグ修正

  • #2630: Latex sphinx.sty Notice Enviroment formatting problem
  • #2632: Warning directives fail in quote environment latex build
  • #2633: Sphinx crashes with old styled indices
  • Fix a \begin{\minipage} typo in sphinx.sty from 1.4.2 (ref: 68becb1)
  • #2622: Latex produces empty pages after title and table of contents
  • #2640: 1.4.2 LaTeX crashes if code-block inside warning directive
  • Let LaTeX use straight quotes also in inline code (ref #2627)
  • #2351: latex crashes if enumerated lists are placed on footnotes
  • #2646: latex crashes if math contains twice empty lines
  • #2480: sphinx.ext.autodoc: memory addresses were shown
  • latex: allow code-blocks appearing inside lists and quotes at maximal nesting depth (ref #777, #2624, #2651)
  • #2635: Latex code directives produce inconsistent frames based on viewing resolution
  • #2639: Sphinx now bundles iftex.sty
  • Failed to build PDF with framed.sty 0.95
  • Sphinx now bundles needspace.sty

Release 1.4.3 (released Jun 5, 2016)

バグ修正

  • #2530: got “Counter too large” error on building PDF if large numbered footnotes existed in admonitions
  • width option of figure directive does not work if align option specified at same time (ref: #2595)
  • #2590: The inputenc package breaks compiling under lualatex and xelatex
  • #2540: date on latex front page use different font
  • Suppress “document isn’t included in any toctree” warning if the document is included (ref: #2603)
  • #2614: Some tables in PDF output will end up shifted if user sets non zero parindent in preamble
  • #2602: URL redirection breaks the hyperlinks generated by sphinx.ext.intersphinx
  • #2613: Show warnings if merged extensions are loaded
  • #2619: make sure amstext LaTeX package always loaded (ref: d657225, 488ee52, 9d82cad and #2615)
  • #2593: latex crashes if any figures in the table

Release 1.4.2 (released May 29, 2016)

機能拡張

  • Now suppress_warnings accepts following configurations (ref: #2451, #2466):
    • app.add_node
    • app.add_directive
    • app.add_role
    • app.add_generic_role
    • app.add_source_parser
    • image.data_uri
    • image.nonlocal_uri
  • #2453: LaTeX writer allows page breaks in topic contents; and their horizontal extent now fits in the line width (with shadow in margin). Also warning-type admonitions allow page breaks and their vertical spacing has been made more coherent with the one for hint-type notices (ref #2446).
  • #2459: the framing of literal code-blocks in LaTeX output (and not only the code lines themselves) obey the indentation in lists or quoted blocks.
  • #2343: the long source lines in code-blocks are wrapped (without modifying the line numbering) in LaTeX output (ref #1534, #2304).

バグ修正

  • #2370: the equations are slightly misaligned in LaTeX writer
  • #1817, #2077: suppress pep8 warnings on conf.py generated by sphinx-quickstart
  • #2407: building docs crash if document includes large data image URIs
  • #2436: Sphinx does not check version by needs_sphinx if loading extensions failed
  • #2397: Setup shorthandoff for turkish documents
  • #2447: VerbatimBorderColor wrongly used also for captions of PDF
  • #2456: C++, fix crash related to document merging (e.g., singlehtml and Latex builders).
  • #2446: latex(pdf) sets local tables of contents (or more generally topic nodes) in unbreakable boxes, causes overflow at bottom
  • #2476: Omit MathJax markers if :nowrap: is given
  • #2465: latex builder fails in case no caption option is provided to toctree directive
  • Sphinx crashes if self referenced toctree found
  • #2481: spelling mistake for mecab search splitter. Thanks to Naoki Sato.
  • #2309: Fix could not refer “indirect hyperlink targets” by ref-role
  • intersphinx fails if mapping URL contains any port
  • #2088: intersphinx crashes if the mapping URL requires basic auth
  • #2304: auto line breaks in latexpdf codeblocks
  • #1534: Word wrap long lines in Latex verbatim blocks
  • #2460: too much white space on top of captioned literal blocks in PDF output
  • Show error reason when multiple math extensions are loaded (ref: #2499)
  • #2483: any figure number was not assigned if figure title contains only non text objects
  • #2501: Unicode subscript numbers are normalized in LaTeX
  • #2492: Figure directive with :figwidth: generates incorrect Latex-code
  • The caption of figure is always put on center even if :align: was specified
  • #2526: LaTeX writer crashes if the section having only images
  • #2522: Sphinx touches mo files under installed directory that caused permission error.
  • #2536: C++, fix crash when an immediately nested scope has the same name as the current scope.
  • #2555: Fix crash on any-references with unicode.
  • #2517: wrong bookmark encoding in PDF if using LuaLaTeX
  • #2521: generated Makefile causes BSD make crashed if sphinx-build not found
  • #2470: typing backport package causes autodoc errors with python 2.7
  • sphinx.ext.intersphinx crashes if non-string value is used for key of intersphinx_mapping
  • #2518: intersphinx_mapping disallows non alphanumeric keys
  • #2558: unpack error on devhelp builder
  • #2561: Info builder crashes when a footnote contains a link
  • #2565: The descriptions of objects generated by sphinx.ext.autosummary overflow lines at LaTeX writer
  • Extend pdflatex config in sphinx.sty to subparagraphs (ref: #2551)
  • #2445: rst_prolog and rst_epilog affect to non reST sources
  • #2576: sphinx.ext.imgmath crashes if subprocess raises error
  • #2577: sphinx.ext.imgmath: Invalid argument are passed to dvisvgm
  • #2556: Xapian search does not work with Python 3
  • #2581: The search doesn’t work if language=”es” (spanish)
  • #2382: Adjust spacing after abbreviations on figure numbers in LaTeX writer
  • #2383: The generated footnote by latex_show_urls overflows lines
  • #2497, #2552: The label of search button does not fit for the button itself

Release 1.4.1 (released Apr 12, 2016)

互換性のない変更

  • The default format of today_fmt and html_last_updated_fmt is back to strftime format again. Locale Date Markup Language is also supported for backward compatibility until Sphinx-1.5.

Translations

  • Added Welsh translation, thanks to Geraint Palmer.
  • Added Greek translation, thanks to Stelios Vitalis.
  • Added Esperanto translation, thanks to Dinu Gherman.
  • Added Hindi translation, thanks to Purnank H. Ghumalia.
  • Added Romanian translation, thanks to Razvan Stefanescu.

バグ修正

  • C++, added support for extern and thread_local.
  • C++, type declarations are now using the prefixes typedef, using, and type, depending on the style of declaration.
  • #2413: C++, fix crash on duplicate declarations
  • #2394: Sphinx crashes when html_last_updated_fmt is invalid
  • #2408: dummy builder not available in Makefile and make.bat
  • #2412: hyperlink targets are broken in LaTeX builder
  • figure directive crashes if non paragraph item is given as caption
  • #2418: time formats no longer allowed in today_fmt
  • #2395: Sphinx crashes if unicode character in image filename
  • #2396: “too many values to unpack” in genindex-single
  • #2405: numref link in PDF jumps to the wrong location
  • #2414: missing number in PDF hyperlinks to code listings
  • #2440: wrong import for gmtime. Thanks to Uwe L. Korn.

リリース 1.4 (2016年3月28日)

互換性のない変更

  • PorterStemmer パッケージのサポートを終了しました。語幹処理を高速化する際は、 PorterStemmer パッケージの代わりに PyStemmer パッケージを利用してください。
  • sphinx_rtd_theme はオプション化されました。利用する場合は別途インストールしてください。(参照: #2087, #2086, #1845, #2097)。ありがとう、Victor Zverovich。
  • #2231: LaTeXライターでは、カスタムロールとして DUspan マクロの代わりに DUrole マクロを用います。これにより、カスタムマクロの引数としてロールの見出し文字列を受け取れるようになります。
  • #2022: sphinx-quickstart で生成したプロジェクトの exluce_patterns の初期値に、Thumbs.db.DS_Store が追加されました。
  • #2027, #2208: html_title は文字列のみ設定可能となりました。None は設定できません。
  • sphinx.ext.graphviz: デフォルトではグラフ図をインラインで表示するようになりました。
  • #2060, #2224: The manpage role now generate sphinx.addnodes.manpage node instead of sphinx.addnodes.literal_emphasis node.
  • #2022: html_extra_path also copies dotfiles in the extra directory, and refers to exclude_patterns to exclude extra files and directories.
  • #2300: enhance autoclass:: to use the docstring of __new__ if __init__ method’s is missing of empty
  • #2251: Previously, under glossary directives, multiple terms for one definition are converted into single term node and the each terms in the term node are separated by termsep node. In new implementation, each terms are converted into individual term nodes and termsep node is removed. By this change, output layout of every builders are changed a bit.
  • The default highlight language is now Python 3. This means that source code is highlighted as Python 3 (which is mostly a superset of Python 2), and no parsing is attempted to distinguish valid code. To get the old behavior back, add highlight_language = "python" to conf.py.
  • Locale Date Markup Language like "MMMM dd, YYYY" is default format for today_fmt and html_last_updated_fmt. However strftime format like "%B %d, %Y" is also supported for backward compatibility until Sphinx-1.5. Later format will be disabled from Sphinx-1.5.
  • #2327: latex_use_parts is deprecated now. Use latex_toplevel_sectioning instead.
  • #2337: Use \url{URL} macro instead of \href{URL}{URL} in LaTeX writer.
  • #1498: manpage writer: don’t make whole of item in definition list bold if it includes strong node.
  • #582: Remove hint message from quick search box for html output.
  • #2378: Sphinx now bundles newfloat.sty

機能拡張

  • #2092: add todo directive support in napoleon package.
  • #1962: when adding directives, roles or nodes from an extension, warn if such an element is already present (built-in or added by another extension).
  • #1909: Add “doc” references to Intersphinx inventories.
  • C++ 型エイリアスのサポート(例, .. type:: T = int)
  • C++ テンプレートでクラス, 関数, エイリアス型, 変数をサポート(#1729, #1314).
  • C++, added new scope management directives namespace-push and namespace-pop.
  • #1970: Keyboard shortcuts to navigate Next and Previous topics
  • Intersphinx: Added support for fetching Intersphinx inventories with URLs using HTTP basic auth.
  • C++, added support for template parameter in function info field lists.
  • C++ドメインでメンバー(関数)へのポインタをサポートしました。
  • #2113: Allow :class: option to code-block directive.
  • #2192: Imgmath (pngmath with svg support).
  • #2200: LaTeXビルダーでXeTeX と LuaTeXをサポートしました。
  • #1906: Use xcolor over color for fcolorbox where available for LaTeX output.
  • #2216: TexinputsのMakefileを改良しました。
  • #2170: 中国語の検索インデックスをサポートしました。
  • #2214: GitHub Pagesへドキュメントを公開する sphinx.ext.githubpages を追加しました。
  • #1030: Make page reference names for latex_show_pagerefs translatable
  • #2162: Add Sphinx.add_source_parser() to add source_suffix and source_parsers from extension
  • #2207: Add sphinx.parsers.Parser class; a base class for new parsers
  • #656: Add graphviz_dot option to graphviz directives to switch the dot command
  • #1939: Added the dummy builder: syntax check without output.
  • #2230: Add math_number_all option to number all displayed math in math extensions
  • #2235: needs_sphinx supports micro version comparison
  • #2282: “basic” テーマで “language” 属性をHTMLタグに追加しました。
  • #1779: EPUB 3ビルダーを追加
  • #1751: Add todo_link_only to avoid file path and line indication on todolist. Thanks to Francesco Montesano.
  • #2199: 画像サイズを取得するために imagesize パッケージを使用するようにしました。
  • #1099: Add configurable retries to the linkcheck builder. Thanks to Alex Gaynor. Also don’t check anchors starting with !.
  • #2300: enhance autoclass:: to use the docstring of __new__ if __init__ method’s is missing of empty
  • #1858: Add Sphinx.add_enumerable_node() to add enumerable nodes for numfig feature
  • #1286, #2099: Add sphinx.ext.autosectionlabel extension to allow reference sections using its title. Thanks to Tadhg O’Higgins.
  • #1854: 日本語分かち書きアルゴリズムとしてJanomeを選択できるようになりました。
  • #1853: support custom text splitter on html search with language='ja'.
  • #2320: classifier of glossary terms can be used for index entries grouping key. The classifier also be used for translation. See also 用語集.
  • #2308: Define \tablecontinued macro to redefine the style of continued label for longtables.
  • Select an image by similarity if multiple images are globbed by .. image:: filename.*
  • #1921: Support figure substitutions by language and figure_language_filename
  • #2245: Add latex_elements["passoptionstopackages"] option to call PassOptionsToPackages in early stage of preambles.
  • #2340: Math extension: support alignment of multiple equations for MathJAX.
  • #2338: Define \titleref macro to redefine the style of title-reference roles.
  • Define \menuselection and \accelerator macros to redefine the style of menuselection roles.
  • Define \crossref macro to redefine the style of references
  • #2301: Texts in the classic html theme should be hyphenated.
  • #2355: Define \termref macro to redefine the style of term roles.
  • Add suppress_warnings to suppress arbitrary warning message (experimental)
  • #2229: 不明なオプションを参照した際に警告を出力するようになりました。
  • #2327: Add latex_toplevel_sectioning to switch the top level sectioning of LaTeX document.

バグ修正

  • #1913: C++, fix assert bug for enumerators in next-to-global and global scope.
  • C++, fix parsing of ‘signed char’ and ‘unsigned char’ as types.
  • C++ドメインで、 ‘friend’ 関数をサポートしました。
  • C++ドメインで仮想基底クラスをサポートしました (Rapptz氏に感謝)。
  • C++ドメインでfinalクラスをサポートしました。
  • C++ドメインで ‘enum’ 型の解釈時の問題を修正しました。
  • #2023: オランダ語の検索でデンマーク語の語幹情報を使用するようにしました。
  • C++ドメインでユーザー定義リテラルをサポートしました。
  • #1804: Now html output wraps overflowed long-line-text in the sidebar. Thanks to Hassen ben tanfous.
  • #2183: Fix porterstemmer causes make json to fail.
  • #1899: Ensure list is sent to OptParse.
  • #2164: Fix wrong check for pdftex inside sphinx.sty (for graphicx package option).
  • #2165, #2218: Remove faulty and non-need conditional from sphinx.sty.
  • Fix broken LaTeX code is generated if unknown language is given
  • #1944: Fix rst_prolog breaks file-wide metadata
  • #2074: make gettext should use canonical relative paths for .pot. Thanks to anatoly techtonik.
  • #2311: Fix sphinx.ext.inheritance_diagram raises AttributeError
  • #2251: Line breaks in .rst files are transferred to .pot files in a wrong way.
  • #794: Fix date formatting in latex output is not localized
  • LaTeXライターの supported_image_types より``image/gif`` を削除 (#2272)
  • LANGUAGE が空白の場合, ValueError が発生する問題を修正
  • Fix unpack warning is shown when the directives generated from Sphinx.add_crossref_type is used
  • The default highlight language is now default. This means that source code is highlighted as Python 3 (which is mostly a superset of Python 2) if possible. To get the old behavior back, add highlight_language = "python" to conf.py.
  • #2329: Refresh environment forcely if source directory has changed.
  • #2331: Fix code-blocks are filled by block in dvi; remove xcdraw option from xcolor package
  • Fix the confval type checker emits warnings if unicode is given to confvals which expects string value
  • #2360: Fix numref in LaTeX output is broken
  • #2361: Fix additional paragraphs inside the “compound” directive are indented
  • #2364: Fix KeyError ‘rootSymbol’ on Sphinx upgrade from older version.
  • #2348: Move amsmath and amssymb to before fontpkg on LaTeX writer.
  • #2368: Ignore emacs lock files like .#foo.rst by default.
  • #2262: literal_block and its caption has been separated by pagebreak in LaTeX output.
  • #2319: Fix table counter is overrided by code-block’s in LaTeX. Thanks to jfbu.
  • Fix unpack warning if combinated with 3rd party domain extensions.
  • #1153: Fix figures in sidebar causes latex build error.
  • #2358: Fix user-preamble could not override the tocdepth definition.
  • #2358: Redece tocdepth if part or chapter is used for top_sectionlevel.
  • #2351: Fix footnote spacing
  • #2363: Fix toctree() in templates generates broken links in SingleHTMLBuilder.
  • #2366: Fix empty hyperref is generated on toctree in HTML builder.

ドキュメント

Release 1.3.6 (released Feb 29, 2016)

機能拡張

  • #1873, #1876, #2278: Add page_source_suffix html context variable. This should be introduced with source_parsers feature. Thanks for Eric Holscher.

バグ修正

  • #2265: Fix babel is used in spite of disabling it on latex_elements
  • #2295: Avoid mutating dictionary errors while enumerating members in autodoc with Python 3
  • #2291: Fix pdflatex “Counter too large” error from footnotes inside tables of contents
  • #2292: Fix some footnotes disappear from LaTeX output
  • #2287: sphinx.transforms.Locale always uses rst parser. Sphinx i18n feature should support parsers that specified source_parsers.
  • #2290: Fix sphinx.ext.mathbase use of amsfonts may break user choice of math fonts
  • #2324: Print a hint how to increase the recursion limit when it is hit.
  • #1565, #2229: Revert new warning; the new warning will be triggered from version 1.4 on.
  • #2329: Refresh environment forcely if source directory has changed.
  • #2019: Fix the domain objects in search result are not escaped

リリース 1.3.5 (2016年1月24日)

バグ修正

  • LaTeXとtexinfoのビルダーでWARNINGログに、行番号としてNoneが表示されていた問題を修正
  • citation関連のWARNINGログに、ファイル名としてNoneが表示されていた問題を修正
  • LaTeXとtexinfoのビルダーでWARNINGログに、行番号としてNoneが表示されていた問題を修正
  • 索引(インデックス)のWARNINGログに、行番号としてNoneが表示されていた問題を修正しました。
  • #2026: リンクを含む parsed-literal がLaTeXビルダーでうまく扱えなかった問題を修正しました。
  • #2243: classのdocstringとしておかしな型が指定されている場合にクラッシュしないように無視するよう修正しました。
  • #2247: #2205 の修正により定義リストのclassifierとして正規表現の特殊文字を持つ場合の動作を修正しました。
  • #1565: Sphinx will now emit a warning that highlighting was skipped if the syntax is incorrect for code-block, literalinclude and so on.
  • #2211: テーブル内にパラグラフがある場合、LaTeX出力が正しく動作しない問題を修正しました。
  • #2253: literalinclude ディレクティブの :pyobject: オプションが、ブロックが空行またはコメントから始まる場合にインデントを検知できない問題を修正しました。
  • :maxdepth: が設定されていない場合に見出しが出力されない問題を修正ました (#771 参照)
  • 参照先がorphanのドキュメント内にある場合の :numref: のワーニングを分かりやすいものに変更しました (#2244 参照)。

リリース 1.3.4 (2016年1月12日)

バグ修正

  • #2134: 参照を含むfigureキャプションがLaTeXでエラーとなる問題を修正しました。
  • #2094: 参照を含むrubricがLaTeXでうまく扱えなかった問題を修正しました。
  • #2147: Fix literalinclude code in latex does not break in pages
  • #1833: latex_show_urlsがNone以外の値に設定されているときに、メールアドレスが複数表示される問題を修正しました。
  • #2176: sphinx.ext.graphviz: SVG出力では<img>タグの代わりに<object>タグを利用するよう変更しました。
  • #967: SVG形式の継承ダイアグラムがリンクが張られていない問題を修正しました。
  • #1237: 定義リスト内の脚注がLaTeXでうまく扱えなかった問題を修正しました。
  • #2168: rawディレクティブがtextライターで動作しなかった問題を修正しました。
  • #2171: Unicodeを含むURLリンクチェックできない問題を修正しました。
  • #2181: LaTeX: ドットを二つ以上含むファイル名を持つ画像ファイルに対応しました
  • #2189: ディレクトリの最初のファイルにおいて、前ページへのリンクが同ディレクトリの最後のファイルになってしまう問題を修正しました。
  • #2003: Python2で make linkcheck を実行した際にデコードエラーになる問題を修正しました。
  • #2186: LaTeX出力において、数式の中でmathbbを利用できるようにしました
  • #1480, #2188: LaTeX出力において、セクション名に数式を扱えるようになりました。
  • #2071: 脚注への参照を二回以上セクション名に含められない問題を修正しました。
  • #2040: 著者名に非ASCII文字列が含まれていた場合にsphinx-apidocがUnicodeDecodeError例外を発生させる問題を修正しました。
  • #2193: ソースディレクトリと出力先ディレクトリに同じものを指定した場合にshutil.SameFileError例外が発生する問題を修正しました。
  • #2178: :cpp:any: を利用したC++関数のクロスリファレンスを解釈できない問題を修正しました。
  • #2206: figureキャプションに脚注を含んでいた場合にLaTeXビルドが失敗していた問題を修正しました。
  • #2201: 30行を超えるテーブルの見出しが間違っている問題を修正しました。
  • #2213: classicテーマの<blockquote>のスタイルを調整しました。
  • #1815: warniserrorオプションが指定されていても、リンクチェックで不正なリンクを発見してもエラーとならない問題を修正しました。
  • #2197: index.rstが存在しない場合のエラー内容を分かりやすいものに変更しました。
  • #1894: quickstartコマンドで生成されるMakefileのphonyターゲットを更新しました。
  • #2125: 結合したフィールド(GroupedField および TypedField)の動作を統一しました。
  • #1408: latex_logoの指すファイルが存在しない場合に例外が発生する問題を修正しました。
  • #771: toctreeのmaxdepth指定がLaTeX出力に反映されない問題を修正しました。
  • #1820: Windows環境において、coloramaバージョン0.3.3 を使うとコンソールの文字に色を付ける処理に問題がありました。この修正のため、Sphinxは colorama>=0.3.5 を使用します。
  • #2072: 章の名前に脚注が含まれていた場合にPDF出力で正しく表示されない問題を修正しました。
  • #1580: longtableに段落が含まれていた場合にLaTeX出力で正しく扱われない問題を修正しました。
  • #1366: LaTeX出力の一部のケースにおいて画像がセンタリングされない問題を修正しました。
  • #1860: 変数を含む :samp: ロールを利用した場合に、manページ出力でフォントが正しくリセットされない問題を修正しました。
  • #1610: 日本語の検索用インデックス構築時にクラッシュする問題を修正しました。
  • mecabの初期化に失敗した場合、Sphinxがクラッシュする問題を修正しました。
  • #2160: セクション名に画像を利用した場合、PDF出力で正しくない見出しが生成されてしまう問題を修正しました。
  • #2172: LaTeX出力におけるadmotionのスタイルを調整しました。ありがとう、jfbu。
  • #2198,#2205: make gettext で定義リストのをmsgidに出力する際に原文と異なる文字列を生成していました。
  • #2062: Python2環境において、doctest内に含まれるエスケープ文字を誤って解釈、処理していたため、doctestが失敗していました。
  • #2225: ハイフンではじまらないオプションが正しく扱われない問題を修正しました。
  • #2226: :nowrap: オプション利用時に数式がHTMLエンコードされない問題を修正しました (jsmath, mathjax)。
  • #1601, #2220: ‘any’ ロールが拡張ドメインの動作を妨げていました。影響を受ける拡張はresolve_any_xrefを未サポートで、また、 resolve_xref がNone以外のproblematicなどのノードを返している場合です。sphinxcontrib-httpdomainは影響を受けていた拡張の1つです。
  • #2229: 不明なオプションを参照した際に警告を出力するようになりました。

リリース 1.3.3 (2015年12月2日)

バグ修正

  • #2177: 並列ビルドがハングアップする問題
  • #2012: numfig_format が不正な場合に例外が発生していた問題を修正しました。
  • #2142: ミニファイされていないJSファイルを sphinx/search/non-minified-js/*.js として同梱し、PyPIでのソース配布に含めました。
  • #2148: 日本語などの非アスキー文字を含むドキュメントでdevhelpをビルドするとエラーが発生する問題を修正しました。

リリース 1.3.2 (2015年11月29日)

機能拡張

  • #1935: latex_elementsで “numfig_format” をオーバーライド可能にしました。

バグ修正

  • #1976: Babel バージョン “2.0” を利用しないようにしました。このバージョンはWindows環境で正しく動作しません。
  • 互換性のために”default.css” スタイルシート (これは”classic.css”をインポートする)を追加しました。
  • #1788: graphviz拡張が、captionのオプションが存在するときに例外を発生させていました。
  • #1789: literalinclude:pyobject: オプションを使うと、class定義以降の行も含めて表示していました。
  • #1790: literalinclude が先頭と末尾の空白行を取り除いてしまっていました。
  • #1802: テーマプラグインが別のテーマを継承している場合に、プラグイン読込を自動的に行うようにしました。ありがとう Takayuki Hirai
  • #1794: alabasterかsphinx_rtd_themeを拡張したテーマは拡張元テーマを見つけられない問題がありました。
  • #1834: docutils-0.13 では、docutils.io.FileInputのhandle_io_errors キーワード引数がTypeErrorを引き起こしていました。
  • #1823: sphinx-apidocの <module_path> に ‘.’ を指定した場合、分かりにくいエラーが発生していました。修正によって、 ‘.’ は自動的に絶対パスに読み替えられます。
  • metadataに対応していないSphinx拡張をセットアップする際にクラッシュしていました。
  • #1784: ミニファイしていないJSコードを sphinx/search/non-minified-js/*.js に含めました。
  • #1822, #1892: #1061 における回帰バグ: autosummary がimportしたオブジェクトをドキュメント化出来ない問題がsphinx-1.3b3以降発生していました。ありがとう Eric Larson.
  • #1793, #1819: text出力で “see also” の直後に1行目が表示され、改行されない問題を修正しました。ありがとう Takayuki Hirai.
  • #1780, #1866: “make text” で “class” キーワードが2回出力されていました。ありがとう Takayuki Hirai.
  • #1871: LaTeX 出力で、1列複数行にまたがるセルの出力を修正しました。
  • Python3.5環境で、HTMLParseError例外が発生していたのを修正しました。
  • #1949: coverageビルダーにおいて、descriptorで挙動を変更している場合に処理が中断するのを避けるため、 safe_getattr を使うようにしました。
  • #1915: doc field type の値にスマートクォートを生成しないように修正しました。
  • #1796: Python3環境で、.moファイルの自動ビルドがUnicodeDecodeErrorを引き起こしていました。
  • #1923: latex babelの機能は、babelの要素が空でない場合だけ使うようにしました。
  • #1942: WebsupportでKeyErrorが発生していました。
  • #1903: 用語集の用語に奇妙なidが振られている問題を修正しました。
  • term : classifier1 : classifier2 のように、定義リストが2つ以上のclassifierを持っている場合に、 make text がクラッシュする問題を修正しました。
  • #1855: make gettext で、classifier付きの定義リストの出力が壊れていました。
  • #1869: 非アスキー文字を含むファイルの読み込みでUnicodeDecodeErrorが発生していました。ありがとう Marvin Schmidt.
  • #1798: LaTeXのビルドで、タイトルにリンクを含む場合の出力を修正しました。
  • #1725: Python2環境で、非アスキー文字を使用したdoctestで 'ascii' codec can't decode byte 例外が発生していました。
  • #1540: toctreeの循環参照がRuntimeError例外を起こしていました。
  • #1983: i18n翻訳機能がセクション名への参照を壊していました。
  • #1990: LaTeX出力で、toctreeのキャプションに tableofcontentsを使うようにしました。
  • #1987: LaTeXビルダーで、 :menuselection::guilabel: 内の&記号が無視されていた問題を修正しました。
  • #1994: 非標準の(recommonmarkパーサーなどの)パーサーを使った場合に、多言語化とWebSupportでも動作するようにしました。このたにnode.rawsource が空の場合にnode.astext()を使用します。
  • #1989: Windows環境で、”make blahblah” を実行するとsphinx-buildのヘルプメッセージが表示されたあとにビルドが実行されていました。これはSphinx-1.3.0/1.3.1で生成したmake.batに不具合があったためです。
  • Python2環境で、sphinx-quickstartで生成したconf.pyの’version’と’release’の設定値の前に u を付けるようにしました。
  • #2102: WindowsのPython3環境で |today| を使い、これが非アスキー文字列を含む日付フォーマットの場合にUnicodeEncodeErrorが発生していました。
  • #1974: any ロールと sphinx.ext.intersphinx を同時に使用すると、UnboundLocalErrorが発生していました。
  • #2121: ページの本文とページのタイトルそれぞれにのみある単語を同時に検索しようとするとページが見つからない問題を修正しました。
  • #1884, #1885: HTMLテーマプラグインが他のプラグインテーマから継承できない問題を修正しました。ありがとう Suzumizaki.
  • #1818: sphinx.ext.todo ディレクティブが ‘admonition-‘ のような壊れたhtmlクラスを生成していました。これは language ‘ru’や’ja’のような非アスキー文字列の言語を指定した場合に発生します。修正後、 todo ディレクティブに :class: オプションを使用できるようになりました。
  • #2140: テーブル内に脚注がある場合、LaTeX出力が壊れていた問題を修正しました。
  • #2127: Python3環境で、HTML検索機能のためのMecabBinderが動作していませんでした。ありがとう Tomoko Uchida.

リリース 1.3.1 (2015年3月17日)

バグ修正

  • #1769: sphinx-quickstartで作成されるファイルやディレクトリが既存のファイルやディレクトリと衝突しない場合は、指定されたディレクトリが空でなくても実行します。ありがとう WAKAYAMA shirou.
  • #1773: sphinx-quickstartのオプションでプロジェクト名等に非アスキー文字列(日本語等)を指定できない問題。
  • #1766: “Python 2.6以降で実行” という説明がミスリードなので3.3以降とも明記。
  • #1772: docstringに :param .write: のようなパラメータ定義を書くとビルドに失敗する問題。
  • #1770, #1774: literalinclude に空のファイルを指定すると例外が発生する問題。ありがとう Takayuki Hirai.
  • #1777: Sphinx 1.3 でテーマプラグインをロードできない問題。ありがとう tell-k.
  • #1776: conf.pyの source_suffix = ['.rst'] が1.3以前のSphinxで不親切なエラーを発生させる問題。
  • #1771: 自動 .mo ビルドが正しく行われない問題。
  • #1783: AutodocでPython2で許されているUnicode文字による__all__定義がエラーとなる問題。ありがとう Jens Hedegaard Nielsen.
  • #1781: html_domain_indices をリスト型で設定すると型チェックの警告が出力される問題。

リリース 1.3 (2015年3月10日)

互換性のない変更

  • ref, term, menusel ロールは今後 emphasis ノードを生成しません。もし、今後もイタリック体で表示したい場合は、スタイルシートを調整してください。
  • numref ロールは %s を表示時に図表番号に置き換えるようにしました。以前は # を使用していました。

機能拡張

  • 便利なディレクティブとロールをC++ドメインに追加しました。 cpp:varcpp:member として動作します。 :cpp:var ロールは :cpp:member として動作します。また any がクロスリファレンスの対象としてC++の宣言にリンクできるようになりました。 #1577, #1744
  • conf.pyの設定 source_suffix に複数の拡張子をリストで指定できるようになりました。
  • conf.pyの source_parsers 設定で、任意の文書パーサーファイルの拡張子別に指定できるようになりました。
  • #1675: 新しいビルダー AppleHelpBuilder を追加しました。Apple Help Booksを出力できます。

バグ修正

  • 1.3b3 の変更でmake gettextの出力が壊れていました。 “foo bar” と “version changes in 1.3: foo bar” のように多重にmsgidを出力していました。
  • #1745: footnote内で自身のfootnoteを参照している場合、latexビルダーが、関数の再帰数の上限に達してしまう問題 。
  • #1748: Python 2.6環境で、sphinx/ext/ifconfig.pyがSyntaxError
  • #1658, #1750: オプション書式で -, /, + で始まっていないときにリンクが作成されず警告が表示される問題を修正。ありがとうTakayuki Hirai
  • #1753: C++ドメインで複雑な定義のサポートを追加。
  • #1700: toctree:caption: オプションを追加。
  • #1742: toctree, code-block, literalinclude の各ディレクティブに :name: オプションを追加。
  • #1756: 検索結果で不正なセクション名が表示されている問題。1.3b3以降で発生。
  • #1746: C++ドメインで、名前の解決方法を修正し、定義内での名前解決で不足していた処理を追加。
  • #1765: C++ドメインで、完全修飾名のためのページハッシュidの互換性を修正。

ドキュメント

  • #1651: Pythonドメインに vartype フィールド定義を追加。

リリース 1.3b3 (2015年2月24日)

互換性のない変更

機能拡張

  • #1346: あたらしいデフォルトテーマを追加しました;
    • Add ‘alabaster’ theme.
    • ‘sphinx_rtd_theme’ テーマを追加しました。
    • ‘default’のhtmlテーマは’classic’に名前が変更されました。’default’という名前はまだ使用できますが、これを使うと、新しい’alabaster’を勧めるよう通知が出力されます。
  • highlight_options 設定値を追加しました。
  • conf.pyの language 設定値がHTMLテンプレートで使えるようになりました。
  • env-updated イベントで値を返せるようになりました。これは、イテラブルなオブジェクト(リスト等)で再書き出ししたいソースファイル名(docname)です。
  • #772: Support for scoped and unscoped enums in C++. Enumerators in unscoped enums are injected into the parent scope in addition to the enum scope.
  • conf.pyに todo_include_todos 設定を出力するようになりました。
  • HTMLのパンくずリストのタグにcssのclass “nav-item” と “nav-item-N” (nav-item-0, 1, 2...) を設定しました。
  • 新しいオプション sphinx-quickstart --use-make-mode は、sphinx-build make-mode を使用するMakefileを生成します。
  • #1235: i18n: いくつかのノードが翻訳出来るようになりました。conf.pyの gettext_additional_targets に対象を設定してください。以下のノードを指定できます:
    • ‘literal-block’
    • ‘doctest-block’
    • ‘raw’
    • ‘image’
  • #1227: conf.pyの html_scaled_image_link 設定値を追加しました。画像の拡大リンクを自動設定するかを指定できます。

バグ修正

  • LaTeXライターが行をまたがる結合セルを正しく出力するようになりました。
  • #1674: モジュールの __all__ が文字列のリストでない場合にクラッシュする問題を修正しました。
  • #1629: Use VerbatimBorderColor to add frame to code-block in LaTeX
  • python sphinx-build.py のようにsphinxを起動しようとしていたため、Win32環境ではmake-modeが機能していなかった。
  • #1687: linkcheckビルダーは401 Unauthorizedを”working”として扱うようになりました。
  • #1690: toctrees with glob option now can also contain entries for single documents with explicit title.
  • #1591: html search results for C++ elements now has correct interpage links.
  • bizstyle テーマ: ネストした長いタイトルページが長いパンくずリストを生成しページレイアウトを破壊する。
  • bizstyle テーマ: すべてのパンくずリストアイテムがモバイルブラウザ(iPhone5s safari)で’Top’になる問題を修正しました。
  • #1722: restore toctree() template function behavior that was changed at 1.3b1.
  • #1732: i18n: localized table caption raises exception.
  • #1718: :numref: does not work with capital letters in the label
  • #1630: resolve CSS conflicts, div.container css target for literal block wrapper now renamed to div.literal-block-wrapper.
  • sphinx.util.pycompat has been restored in its backwards-compatibility; slated for removal in Sphinx 1.4.
  • #1719: LaTeX writer does not respect numref_format option in captions

リリース 1.3b2 (2014年12月5日)

互換性のない変更

  • Python 2.6以上が必要なsetuptools-7.0にバンドルされたez_setup.pyをアップデート。

機能拡張

  • #1597: html-page-context から新しいテンプレート名を返すことができる機能の追加
  • PR#314, #1150: Configuration values are now checked for their type. A warning is raised if the configured and the default value do not have the same type and do not share a common non-trivial base class.

バグ修正

  • PR#311: sphinx-quickstart がPython3.4で動作しない問題。
  • #564: autodoc_docstring_signature 設定値の追加。docstringの最初の行をシグニチャとして扱う。
  • ソース・ファイルが追加された際にリビルドが予期せずクラッシュを発生させる問題を修正しました。
  • #1607: “howto” クラスを利用したドキュメントをlatexpdfでビルドした際にクラッシュする問題を修正しました。
  • #1251: Fix again. Sections which depth are lower than :tocdepth: should not be shown on localtoc sidebar.
  • makeモードがWin32プラットフォームでwheelパッケージとともにsphinxがインストールされていると動作しない問題を修正。

リリース 1.3b1 (2014年10月10日)

互換性のない変更

  • Python 2.5, 3.1, 3.2 のサポートを終了
  • docutils バージョン 0.9 以下のサポートを終了
  • sphinx.ext.oldcmarkup エクステンションを削除
  • 廃止された exclude_trees, exclude_dirnames および unused_docs conf.pyの設定を削除
  • 新規ノード sphinx.addnodes.literal_strong の追加。このテキストはリテラル (例えばスマートクォート無し)で強調フォント中に表示されます。Writer実装ではこのノードを扱えるように実装が必要です。
  • PR#269, #1476: replace <tt> tag by <code>. User customized stylesheets should be updated If the css contain some styles for tt> tag. Thanks to Takeshi Komiya.
  • #1543: templates_path は自動的に exclude_patterns へ追加されます。これによって、テンプレートディレクトリ内にあるautosummary用のrstテンプレートが読み込まれることを防ぎます。
  • カスタムドメインは、 any ロールを正しく動作させるために、 Domain.resolve_any_xref メソッド実装する必要があります。
  • gettext builder: gettext doesn’t emit uuid information to generated pot files by default. Please set True to gettext_uuid to emit uuid information. Additionally, if the python-levenshtein 3rd-party package is installed, it will improve the calculation time.
  • gettext builder: disable extracting/apply ‘index’ node by default. Please set ‘index’ to gettext_enables to enable extracting index entries.
  • PR#307: LaTeX出力で、コードブロック部分にframeを追加。 ありがとう Takeshi Komiya

機能拡張

  • Python 3.4 サポートを追加。
  • docutils 0.12 サポートを追加。
  • NumPy および Google スタイルの docstring をドキュメントに取り込む sphinx.ext.napoleon 拡張を追加。
  • sphinx-build -j オプションを用いたソースファイルの並行読み込み (パース) サポートを追加。サードパーティのエクステンションは互換性が確認されます。また、ビルド時にenvオブジェクト内部に情報を格納している拡張は格納方法の変更が必要となります。詳しくは env-merge-info を参照して下さい。
  • 任意の ドメイン内の 任意の タイプのリンクターゲットにクロスリファレンスできる any ロールを追加。カスタムドメインは any ロールを正常に動作させられるよう Domain.resolve_any_xref メソッドを実装する必要があります。
  • 例外ログに、Sphinxが出力した最新10件のメッセージを含むようになりました。
  • Added support for extension versions (a string returned by setup(), these can be shown in the traceback log files). Version requirements for extensions can be specified in projects using the new needs_extensions config value.
  • Changing the default role within a document with the default-role directive is now supported.
  • PR#214: Added stemming support for 14 languages, so that the built-in document search can now handle these. Thanks to Shibukawa Yoshiki.
  • PR#296, PR#303, #76: numfig feature: Assign numbers to figures, tables and code-blocks. This feature is configured with numfig, numfig_secnum_depth and numfig_format. Also numref role is available. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#202: Allow ”.” and “~” prefixed references in :param: doc fields for Python.
  • PR#184: Add autodoc_mock_imports, allowing to mock imports of external modules that need not be present when autodocumenting.
  • #925: Allow list-typed config values to be provided on the command line, like -D key=val1,val2.
  • #668: Allow line numbering of code-block and literalinclude directives to start at an arbitrary line number, with a new lineno-start option.
  • PR#172, PR#266: The code-block and literalinclude directives now can have a caption option that shows a filename before the code in the output. Thanks to Nasimul Haque, Takeshi Komiya.
  • sphinx-quickstartはドキュメントの言語指定を受け付けます。
  • PR#217: Added config values to suppress UUID and location information in generated gettext catalogs.
  • PR#236, #1456: apidoc: Add a -M option to put module documentation before submodule documentation. Thanks to Wes Turner and Luc Saffre.
  • #1434: Provide non-minified JS files for jquery.js and underscore.js to clarify the source of the minified files.
  • PR#252, #1291: Windows color console support. Thanks to meu31.
  • PR#255: When generating latex references, also insert latex target/anchor for the ids defined on the node. Thanks to Olivier Heurtier.
  • PR#229: Allow registration of other translators. Thanks to Russell Sim.
  • Add app.set_translator() API to register or override a Docutils translator class like html_translator_class.
  • PR#267, #1134: add ‘diff’ parameter to literalinclude. Thanks to Richard Wall and WAKAYAMA shirou.
  • PR#272: ‘bizstyle’ テーマの追加。ありがとう Shoji KUMAGAI。
  • Automatically compile *.mo files from *.po files when gettext_auto_build is True (default) and *.po is newer than *.mo file.
  • #623: sphinx.ext.viewcode supports imported function/class aliases.
  • PR#275: sphinx.ext.intersphinx supports multiple target for the inventory. Thanks to Brigitta Sipocz.
  • PR#261: Added the env-before-read-docs event that can be connected to modify the order of documents before they are read by the environment.
  • #1284: Program options documented with option can now start with +.
  • PR#291: The caption of code-block is recognised as a title of ref target. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#298: Add new API: add_latex_package(). Thanks to Takeshi Komiya.
  • #1344: add gettext_enables to enable extracting ‘index’ to gettext catalog output / applying translation catalog to generated documentation.
  • PR#301, #1583: Allow the line numbering of the directive literalinclude to match that of the included file, using a new lineno-match option. Thanks to Jeppe Pihl.
  • PR#299: add various options to sphinx-quickstart. Quiet mode option --quiet will skips wizard mode. Thanks to WAKAYAMA shirou.
  • #1623: Return types specified with :rtype: are now turned into links if possible.

バグ修正

  • PR#1438: jQuery をバージョン1.8.3 からバージョン 1.11.1 に更新。
  • #1568: “centered”ディレクティブがリファレンスを含んでいるとクラッシュする問題を修正。
  • sphinx.ext.autodocがpython-2.5で再び動作するようになりました。
  • #1563: add_search_language() raises AssertionError for correct type of argument. Thanks to rikoman.
  • #1174: Fix smart quotes being applied inside roles like program or makevar.
  • PR#235: comment db schema of websupport lacked a length of the node_id field. Thanks to solos.
  • #1466,PR#241: Fix failure of the cpp domain parser to parse C+11 “variadic templates” declarations. Thanks to Victor Zverovich.
  • #1459,PR#244: デフォルトのmathjax js のパスが http:// を指しており、これがhttpsからのhttp参照のエラーの原因となっていた。ありがとうsbrandtb と robo9k。
  • PR#157: autodoc remove spurious signatures from @property decorated attributes. Thanks to David Ham.
  • PR#159: Add coverage targets to quickstart generated Makefile and make.bat. Thanks to Matthias Troffaes.
  • #1251: When specifying toctree :numbered: option and :tocdepth: metadata, sub section number that is larger depth than :tocdepth: is shrunk.
  • PR#260: Encode underscore in citation labels for latex export. Thanks to Lennart Fricke.
  • PR#264: Fix could not resolve xref for figure node with :name: option. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#265: Fix could not capture caption of graphviz node by xref. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#263, #1013, #1103: Rewrite of C++ domain. Thanks to Jakob Lykke Andersen.
    • Hyperlinks to all found nested names and template arguments (#1103).
    • Support for function types everywhere, e.g., in std::function<bool(int, int)> (#1013).
    • Support for virtual functions.
    • Changed interpretation of function arguments to following standard prototype declarations, i.e., void f(arg) means that arg is the type of the argument, instead of it being the name.
    • テストをアップデート。
    • Updated documentation with elaborate description of what declarations are supported and how the namespace declarations influence declaration and cross-reference lookup.
    • Index names may be different now. Elements are indexed by their fully qualified name. It should be rather easy to change this behaviour and potentially index by namespaces/classes as well.
  • PR#258, #939: Add dedent option for code-block and literalinclude. Thanks to Zafar Siddiqui.
  • PR#268: Fix numbering section does not work at singlehtml mode. It still ad-hoc fix because there is a issue that section IDs are conflicted. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#273, #1536: Fix RuntimeError with numbered circular toctree. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#274: Set its URL as a default title value if URL appears in toctree. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#276, #1381: rfc and pep roles support custom link text. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#277, #1513: highlights for function pointers in argument list of c:function. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#278: Fix section entries were shown twice if toctree has been put under only directive. Thanks to Takeshi Komiya.
  • #1547: pgen2 tokenizer doesn’t recognize ... literal (Ellipsis for py3).
  • PR#294: On LaTeX builder, wrap float environment on writing literal_block to avoid separation of caption and body. Thanks to Takeshi Komiya.
  • PR#295, #1520: make.bat latexpdf mechanism to cd back to the current directory. Thanks to Peter Suter.
  • PR#297, #1571: Add imgpath property to all builders. It make easier to develop builder extensions. Thanks to Takeshi Komiya.
  • #1584: HTML “top” リンクが正しくマスターdocを指すよう修正。
  • #1585: Sphinx-1.2.3 でautosummaryが壊れていた。
  • #1610: Sphinx cause AttributeError when MeCab search option is enabled and python-mecab is not installed.
  • #1674: モジュールの __all__ が文字列のリストでない場合にクラッシュする問題を修正しました。
  • #1673: Fix crashes with nitpick_ignore and :doc: references.
  • #1686: ifconfig directive doesn’t care about default config values.
  • #1642: Fix only one search result appearing in Chrome.

ドキュメント

  • Add clarification about the syntax of tags. (doc/markup/misc.rst)

リリース 1.2.3 (2014年9月1日)

機能拡張

  • #1518: sphinx-apidoc command now has a --version option to show version information and exit
  • 新しいロケール: ヘブライ語、ヨーロッパポルトガル語、ベトナム語。

バグ修正

  • #636: Keep straight single quotes in literal blocks in the LaTeX build.
  • #1419: Generated i18n sphinx.js files are missing message catalog entries from ‘.js_t’ and ‘.html’. The issue was introduced from Sphinx-1.1
  • #1363: Fix i18n: missing python domain’s cross-references with currentmodule directive or currentclass directive.
  • #1444: autosummary does not create the description from attributes docstring.
  • #1457: In python3 environment, make linkcheck cause “Can’t convert ‘bytes’ object to str implicitly” error when link target url has a hash part. Thanks to Jorge_C.
  • #1467: Exception on Python3 if nonexistent method is specified by automethod
  • #1441: autosummary can’t handle nested classes correctly.
  • #1499: With non-callable setup in a conf.py, now sphinx-build emits a user-friendly error message.
  • #1502: In autodoc, fix display of parameter defaults containing backslashes.
  • #1226: autodoc, autosummary: importing setup.py by automodule will invoke setup process and execute sys.exit(). Now sphinx avoids SystemExit exception and emits warnings without unexpected termination.
  • #1503: py:function directive generate incorrectly signature when specifying a default parameter with an empty list []. Thanks to Geert Jansen.
  • #1508: Non-ASCII filename raise exception on make singlehtml, latex, man, texinfo and changes.
  • #1531: On Python3 environment, docutils.conf with ‘source_link=true’ in the general section cause type error.
  • PR#270, #1533: Non-ASCII docstring cause UnicodeDecodeError when uses with inheritance-diagram directive. Thanks to WAKAYAMA shirou.
  • PR#281, PR#282, #1509: TODO extension not compatible with websupport. Thanks to Takeshi Komiya.
  • #1477: gettext does not extract nodes.line in a table or list.
  • #1544: make text generates wrong table when it has empty table cells.
  • #1522: Footnotes from table get displayed twice in LaTeX. This problem has been appeared from Sphinx-1.2.1 by #949.
  • #508: Sphinx every time exit with zero when is invoked from setup.py command. ex. python setup.py build_sphinx -b doctest return zero even if doctest failed.

Release 1.2.2 (released Mar 2, 2014)

バグ修正

  • PR#211: When checking for existence of the html_logo file, check the full relative path and not the basename.
  • PR#212: Fix traceback with autodoc and __init__ methods without docstring.
  • PR#213: Fix a missing import in the setup command.
  • #1357: Option names documented by option are now again allowed to not start with a dash or slash, and referencing them will work correctly.
  • #1358: Fix handling of image paths outside of the source directory when using the “wildcard” style reference.
  • #1374: Fix for autosummary generating overly-long summaries if first line doesn’t end with a period.
  • #1383: Fix Python 2.5 compatibility of sphinx-apidoc.
  • #1391: Actually prevent using “pngmath” and “mathjax” extensions at the same time in sphinx-quickstart.
  • #1386: Fix bug preventing more than one theme being added by the entry point mechanism.
  • #1370: Ignore “toctree” nodes in text writer, instead of raising.
  • #1364: Fix ‘make gettext’ fails when the ‘.. todolist::’ directive is present.
  • #1367: Fix a change of PR#96 that break sphinx.util.docfields.Field.make_field interface/behavior for item argument usage.

ドキュメント

リリース 1.2.1 (2014年1月19日)

バグ修正

  • #1335: Fix autosummary template overloading with exclamation prefix like {% extends "!autosummary/class.rst" %} cause infinite recursive function call. This was caused by PR#181.
  • #1337: Fix autodoc with autoclass_content="both" uses useless object.__init__ docstring when class does not have __init__. This was caused by a change for #1138.
  • #1340: Can’t search alphabetical words on the HTML quick search generated with language=’ja’.
  • #1319: Do not crash if the html_logo file does not exist.
  • #603: Do not use the HTML-ized title for building the search index (that resulted in “literal” being found on every page with a literal in the title).
  • #751: Allow production lists longer than a page in LaTeX by using longtable.
  • #764: Always look for stopwords lowercased in JS search.
  • #814: autodoc: Guard against strange type objects that don’t have __bases__.
  • #932: autodoc: Do not crash if __doc__ is not a string.
  • #933: Do not crash if an option value is malformed (contains spaces but no option name).
  • #908: On Python 3, handle error messages from LaTeX correctly in the pngmath extension.
  • #943: In autosummary, recognize “first sentences” to pull from the docstring if they contain uppercase letters.
  • #923: Take the entire LaTeX document into account when caching pngmath-generated images. This rebuilds them correctly when pngmath_latex_preamble changes.
  • #901: Emit a warning when using docutils’ new “math” markup without a Sphinx math extension active.
  • #845: In code blocks, when the selected lexer fails, display line numbers nevertheless if configured.
  • #929: Support parsed-literal blocks in LaTeX output correctly.
  • #949: Update the tabulary.sty packed with Sphinx.
  • #1050: Add anonymous labels into objects.inv to be referenced via intersphinx.
  • #1095: Fix print-media stylesheet being included always in the “scrolls” theme.
  • #1085: Fix current classname not getting set if class description has :noindex: set.
  • #1181: Report option errors in autodoc directives more gracefully.
  • #1155: Fix autodocumenting C-defined methods as attributes in Python 3.
  • #1233: Allow finding both Python classes and exceptions with the “class” and “exc” roles in intersphinx.
  • #1198: Allow “image” for the “figwidth” option of the figure directive as documented by docutils.
  • #1152: Fix pycode parsing errors of Python 3 code by including two grammar versions for Python 2 and 3, and loading the appropriate version for the running Python version.
  • #1017: Be helpful and tell the user when the argument to option does not match the required format.
  • #1345: Fix two bugs with nitpick_ignore; now you don’t have to remove the store environment for changes to have effect.
  • #1072: In the JS search, fix issues searching for upper-cased words by lowercasing words before stemming.
  • #1299: Make behavior of the math directive more consistent and avoid producing empty environments in LaTeX output.
  • #1308: Strip HTML tags from the content of “raw” nodes before feeding it to the search indexer.
  • #1249: Fix duplicate LaTeX page numbering for manual documents.
  • #1292: In the linkchecker, retry HEAD requests when denied by HTTP 405. Also make the redirect code apparent and tweak the output a bit to be more obvious.
  • #1285: Avoid name clashes between C domain objects and section titles.
  • #848: Always take the newest code in incremental rebuilds with the sphinx.ext.viewcode extension.
  • #979, #1266: Fix exclude handling in sphinx-apidoc.
  • #1302: Fix regression in sphinx.ext.inheritance_diagram when documenting classes that can’t be pickled.
  • #1316: Remove hard-coded font-face resources from epub theme.
  • #1329: Fix traceback with empty translation msgstr in .po files.
  • #1300: Fix references not working in translated documents in some instances.
  • #1283: Fix a bug in the detection of changed files that would try to access doctrees of deleted documents.
  • #1330: Fix exclude_patterns behavior with subdirectories in the html_static_path.
  • #1323: Fix emitting empty <ul> tags in the HTML writer, which is not valid HTML.
  • #1147: Don’t emit a sidebar search box in the “singlehtml” builder.

ドキュメント

  • #1325: Added a “Intersphinx” tutorial section. (doc/tutorial.rst)

リリース 1.2 (2013年12月10日)

機能拡張

  • プログラムが扱いやすいように、Sphinxのバージョンを表す sphinx.version_info タプルを追加。

互換性のない変更

  • sphinx.ext.refcounting 拡張を削除。これはCPythonでのみ意味があり、それ以外の使い道が無いため。

バグ修正

  • versionadded/changed と廃止されたディレクティブのために、削除されていたCSS class versionmodified を戻した。
  • PR#181: Fix html_theme_path = ['.'] is a trigger of rebuild all documents always (This change keeps the current “theme changes cause a rebuild” feature).
  • #1296: Fix invalid charset in HTML help generated HTML files for default locale.
  • PR#190: gettextが他のブロック内のfigureキャプションやrubricタイトルを展開していない問題を修正。ありがとうMichael Schlenker。
  • PR#176: setup_command test がSphinxをimport出来ない場合がある問題を修正。ありがとうDmitry Shachnev。
  • #1311: ロケール設定が”C”の環境でPython3でテスト実行した場合、test_linkcode.test_html失敗する問題を修正。
  • #1269: Python 3.2 以降で ResourceWarnings が表示される問題
  • #1138: autodocの設定が autodoc_docstring_signature = True かつ autoclass_content = 'init' または 'both' の場合において、__init__ 行がドキュメントから削除されていなかった問題を修正。

リリース 1.2 beta3 (2013年10月3日)

機能拡張

  • デバッグしやすくするため、Sphinxのエラーログにロードした拡張の一覧を含めるようにしました。

互換性のない変更

  • PR#154: LaTeXのクラス名のうちSphinxが提供する ‘sphinxmanual’ と ‘sphinxhowto’ 以外について、”sphinx” 接頭辞を削除します。今後、カスタムドキュメントクラスを使用したい場合に、クラス名に’sphinx’接頭辞を付ける必要はありません。ありがとう Erik B.

バグ修正

  • #1265: 修正 i18n: ラベルターゲットが参照しているセクション名を翻訳したときクラッシュする問題。
  • 誤った条件判定により、Sphinxの最初のページ(多くはindex.rst)が検索対象ページに含まれない問題を修正。この問題は1.2b1で発生しました。
  • #703: Sphinxが非ASCII文字列のファイル名をデコードできない場合UnicodeError例外を発生させる代わりに、可能であれば処理を継続する。

リリース 1.2 beta2 (2013年9月17日)

機能拡張

  • apidoc は “_private” モジュールをデフォルトで無視するようになった。 -P オプションを使用した場合、それらも含む。
  • apidoc にパッケージやモジュールのタイトルを生成しないオプションを追加。これは、モジュールなどのdocstringがすでにreSTのタイトルを持っている場合を想定。
  • PR#161: apidoc は各モジュール別にページを出力できるようになった。これまでは1つのパッケージ内の全てのモジュールが1ページに出力されていた。
  • 各ビルダーは、翻訳カタログが更新されたときに対象ドキュメントをビルド対象としてリビルドする。
  • HTMLライターにおいて、docutils.confの ‘writers’ と ‘html4css1 writer’ セクションに対応。また、latex, manpage, texinfo ライターそれぞれについてもそれらの ‘writers’ セクションに対応。
  • The new html_extra_path config value allows to specify directories with files that should be copied directly to the HTML output directory.
  • autodocディレクティブでmodule dataとattributeについて annotation オプションを追加。値が設定されている場合、デフォルトの値として表示する。
  • PR#136: autodocディレクティブに imported-members オプションを追加。このオプションにより、他のモジュールからimportしたメンバーも含められる。
  • 新言語: マケドニア、シンハラ、インドネシア
  • テーマのプラグイン機構を追加。setuptoolsのプラグイン機構を使用します。

互換性のない変更

  • PR#144, #1182: gettextビルダーが生成するpotファイルのPOT-Creation-Dateに実行環境のタイムゾーンを設定します。ありがとう masklinn、 Jakub Wilk。

バグ修正

  • PR#132: jQuery 1.8.3 に更新。
  • PR#141, #982: Python3環境において、PNGファイルの書き出し時にクラッシュする問題を修正。ありがとうMarcin Wojdyr。
  • PR#145: 並列ビルド時にSphinxが2つめのドキュメントの書き出しを忘れる問題を修正。ありがとうtychoish。
  • PR#151: LaTeXテーブルのいくつかのスタイルを更新。
  • PR#153: “extensions” 設定値をオーバーライドできるようになった。
  • PR#155: C++11関数の幾つかの修飾子サポートを追加。
  • テンプレートにutf-8エンコーディングされた文字列が含まれる場合に、’make gettext’がUnicodeDecodeError例外を発生させる問題を修正。
  • #828: Python3において、キーワード引数しかもたない関数のドキュメント化が出来るようにするため、inspect.getfullargspec()を使うようにした。
  • #1090: i18n機能において、1行に複数のクロスリファレンス(term, ref, doc)が含まれる場合に、すべて同じリンク先となる問題を修正。
  • #1157: ‘globaltoc.html’ と非表示設定のtoctreeの組み合わせで例外が起きていた問題を修正。
  • #1159: ビルド時に生成するobjects.invが誤っている問題を修正し、そのようなobjects.invをintersphinxで正しく扱えるように回避するワークアラウンドを実装。
  • #1160: 脚注のCitationターゲットが見つからない場合にAssertionError例外が発生する問題を修正。
  • #1162, PR#139: singlehtmlビルダーが _images/ ディレクトリに画像をコピーしていなかった問題を修正。
  • #1173: Jinja2 2.7への依存はPython < 3.3 と Python < 2.6 の場合に動作しなくなるためsetup.pyを修正。Thanks to Alexander Dupuy.
  • #1185: Pythonのモジュールが誤ったエンコーディング定義をしていて、非ASCII文字が含まれる場合にクラッシュしないようにした。
  • #1188: sphinx-quickstartにおいて “Project version” に非ASCII文字を入力した場合に、UnicodeEncodeError例外を出力する問題を修正。
  • #1189: sphinx-quickstartで”Project name”に全角文字を使うと “Title underline is too short” 警告が発生するindex.rstを生成する問題
  • #1190: sphinx-quickstartで”Project name”に非ASCII文字列を指定した場合、TeX/texinfo/manのファイル名が拡張子のみになってしまう
  • #1192: manpageライターのハイパーリンクのエスケープ処理にあった問題を修正。
  • #1193: i18n機能において1行に複数のリンクが含まれる場合に全て同じリンクとなる問題を修正。
  • #1176: i18n機能において、名前付き脚注と記号脚注の脚注番号が出力されない問題を修正。
  • PR#146,#1172: パラレルビルド時にZeroDivisionErrorが発生する問題。Thanks to tychoish.
  • #1204: intersphinxのリンク先がローカル環境の場合、リンク生成が間違っている問題
  • #1206: i18n機能において、gettextビルダーがadmonitionディレクティブのタイトルを翻訳しない問題を修正。
  • #1232: SphinxがWindows環境で壊れたePubファイルを生成する問題
  • #1259: Guard the debug output call when emitting events; to prevent the repr() implementation of arbitrary objects causing build failures.
  • #1142: Mac OS Xにおける、rstファイル名のNFC/NFDノーマライズ問題
  • #1234: gettextのpoファイルについて、空白文字列のみで構成された文字列を無効化

リリース 1.2 beta1 (2013年3月31日)

互換性のない変更

  • 1.0で廃止予定となった sphinx.util.compat.directive_dwim()sphinx.roles.xfileref_role() を削除しました。
  • PR#122: the files given in latex_additional_files now override TeX files included by Sphinx, such as sphinx.sty.
  • PR#124: the node generated by versionadded, versionchanged and deprecated directives now includes all added markup (such as “New in version X”) as child nodes, and no additional text must be generated by writers.
  • PR#99: seealso ディレクティブは、カスタマイズした seealso ノードを出力する代わりにadmonitionノードを生成するようになりました。

機能拡張

  • マークアップ
    • toctree ディレクティブと toctree() テンプレート関数は非表示のtoctreeを表示するための includehidden オプションを追加 (バグ #790, #1047)。 toctree() テンプレート関数の maxdepth オプションのバグも修正 (バグ #1046)。
    • PR#99: seealsoディレクティブを通常のadmonitionに置き換えました。これにより特別に用意されていたCSSクラス(admonition-see-also)が削除され、一貫性のないLaTeX admonitionタイトル(“See also”ではなく”See Also”)と、textビルダーでの誤ったインデントが修正されました。
  • HTML ビルダー
    • #783: 画像がwidthかhightオプションで拡縮されている場合はフルサイズ画像に自動的にリンクする。
    • #1067: Improve the ordering of the JavaScript search results: matches in titles come before matches in full text, and object results are better categorized. Also implement a pluggable search scorer.
    • #1053: The “rightsidebar” and “collapsiblesidebar” HTML theme options now work together.
    • jQuery 1.7.1、Underscore.js 1.3.1に更新しました。
  • Texinfo ビルダー
    • An “Index” node is no longer added when there are no entries.
    • “deffn” categories are no longer capitalized if they contain capital letters.
    • desc_annotation が描画されるようになりました。
    • strong and emphasis nodes are now formatted like literals. The reason for this is because the standard Texinfo markup (*strong* and _emphasis_) resulted in confusing output due to the common usage of using these constructs for documenting parameter names.
    • Field lists formatting has been tweaked to better display “Info field lists”.
    • system_message and problematic nodes are now formatted in a similar fashion as done by the text builder.
    • “en-dash” and “em-dash” conversion of hyphens is no longer performed in option directive signatures.
    • @ref is now used instead of @pxref for cross-references which prevents the word “see” from being added before the link (does not affect the Info output).
    • The @finalout command has been added for better TeX output.
    • transition nodes are now formatted using underscores (“_”) instead of asterisks (“*”).
    • The default value for the paragraphindent has been changed from 2 to 0 meaning that paragraphs are no longer indented by default.
    • #1110: A new configuration value texinfo_no_detailmenu has been added for controlling whether a @detailmenu is added in the “Top” node’s menu.
    • Detailed menus are no longer created except for the “Top” node.
    • Fixed an issue where duplicate domain indices would result in invalid output.
  • LaTeX ビルダー:
    • PR#115: Add 'transition' item in latex_elements for customizing how transitions are displayed. Thanks to Jeff Klukas.
    • PR#114: The LaTeX writer now includes the “cmap” package by default. The 'cmappkg' item in latex_elements can be used to control this. Thanks to Dmitry Shachnev.
    • The 'fontpkg' item in latex_elements now defaults to '' when the language uses the Cyrillic script. Suggested by Dmitry Shachnev.
    • The latex_documents, texinfo_documents, and man_pages configuration values will be set to default values based on the master_doc if not explicitly set in conf.py. Previously, if these values were not set, no output would be generated by their respective builders.
  • 国際化:
    • カスタムテンプレートにi18n機能を追加。例えば、SphinxのdocディレクトリにあるSphinxリファレンスドキュメントの場合、 make gettext を実行すると doc/_templates/*.html からメッセージを抜き出して sphinx.pot ファイルを生成する。
    • PR#61,#703: Add support for non-ASCII filename handling.
  • 他のビルダー:
    • DocutilsネイティブのXMLと疑似XMLを出力するビルダを追加した。 XMLBuilderPseudoXMLBuilder を参照。
    • PR#45: The linkcheck builder now checks #anchors for existence.
    • PR#123, #1106: Add epub_use_index configuration value. If provided, it will be used instead of html_use_index for epub builder.
    • PR#126: Add epub_tocscope configuration value. The setting controls the generation of the epub toc. The user can now also include hidden toc entries.
    • PR#112: Add epub_show_urls configuration value.
  • Sphinx拡張:
    • PR#52: special_members flag to autodoc now behaves like members.
    • PR#47: Added sphinx.ext.linkcode extension.
    • PR#25: In inheritance diagrams, the first line of the class docstring is now the tooltip for the class.
  • コマンドラインインターフェース:
    • PR #75: sphinx-apidocに --follow-links オプションを追加しました。
    • #869: sphinx-build now has the option -T for printing the full traceback after an unhandled exception.
    • sphinx-build コマンドに標準的な --help--version オプションを追加。
    • sphinx-build コマンドに無効なオプションや引数を指定した場合に、より詳細なエラーメッセージを表示する。
    • sphinx-build プログラムには冗長な情報出力オプション``-v``があり、繰り返し配置することでより効果が大きくなります。一回のみの場合では標準の場合に比べ、わずかな追加情報しか出力されませんが。2回かさらにそれ以上のオプションの繰り返しにより、デバッグに有用なより詳細な出力が得られるようになります。
  • 翻訳:
    • PR #74: いくつかのロシア語翻訳を修正しました。
    • PR #54: ノルウェー語 (ブークモール) 翻訳を追加しました。
    • PR #35: スロバキア語ロケールを追加しました。
    • PR #28: ハンガリー語ロケールを追加しました。
    • #1113: ヘブライ語翻訳を追加しました。
    • #1097: バスク語翻訳を追加しました。
    • #1037: ポーランド語翻訳を修正しました。ありがとう Jakub Wilk。
    • #1012: エストニア語翻訳を更新しました。
  • 最適化:
    • 検索インデックスの作成について、単語のステミング処理の結果をキャッシュして高速化した。Pythonドキュメントのビルドにおいて20秒ほど高速化された。
    • PR#108: Add experimental support for parallel building with a new sphinx-build -j option.

ドキュメント

  • PR#88: “Sphinx開発者ガイド” (doc/devguide.rst) を追加。Sphinxプロジェクトの基本的な開発プロセスの概要を記載している。
  • ドキュメント ”Sphinxのインストール” を追加 (doc/install.rst)。

バグ修正

  • PR#124: 以下の問題を修正しました: versionmodified に含まれているパラグラフが入れ子になる場合に無視される問題。間違ったhtml出力 (入れ子になった <p> タグ)。versionmodifiedが翻訳対象となっていない問題。ありがとう Nozomu Kaneko.
  • PR#111: Respect add_autodoc_attrgetter() even when inherited-members is set. Thanks to A. Jesse Jiryu Davis.
  • PR#97: Fix footnote handling in translated documents.
  • textライターがfigureディレクティブの本文を出力する visit_legend 提供していない問題を修正
  • textビルダーが文字の幅を考慮していなかった問題を修正。全角幅の文字を使用した場合に、タイトルの下線やテーブルレイアウトが崩れる問題があった。
  • LaTeXテーブルのヘッダーセルの前のスペースを調整。
  • #1132: LaTeXテーブルにおいて、最初の列で複数行にまたがるセルの出力について修正。
  • #1128: 標準のロケールではない場合に、時刻表示を整形しようとしてUnicodeエラーとなる問題を修正。
  • #1127: autodocがPython以外のファイルを単語分割しようとした際のトレースバックを修正。
  • #1126: LaTeXのコマンドラインオプション名の記述などで、二重ハイフンがダッシュ文字に変換される問題を修正。
  • #1123: Allow whitespaces in filenames given to literalinclude.
  • #1120: Sphinx同梱の “basic”, “haiku”, “scrolls” テーマのi18n化を進めた。ありがとうLeonardo J. Caballero G。
  • #1118: スペイン語の翻訳を更新。ありがとうLeonardo J. Caballero G。
  • #1117: sphinx-apidocで.pyxファイルを扱う
  • #1112: ドキュメントが絶対パスと相対パス、といった異なる方法で参照したダウンロードファイルが複製されないようにした。
  • #1111: Fix failure to find uppercase words in search when html_search_language is ‘ja’. Thanks to Tomo Saito.
  • #1108: The text writer now correctly numbers enumerated lists with non-default start values (based on patch by Ewan Edwards).
  • #1102: autodocにおいて、マルチコンテキストな “with” 文に対応。
  • #1090: gettextがglossaryの用語定義を対象としていない問題を修正。
  • #1074: Add environment version info to the generated search index to avoid compatibility issues with old builds.
  • #1070: Python2のSphinxでビルドしたプロジェクトをPython3で再ビルドしようとしたときに中間データのロード(un-pickling)に失敗する問題を修正。
  • #1069: autodocが”partial”された関数のシグネチャを整形しようとしてキーワード引数をうまく扱えなかった問題を修正(patch by Artur Gaspar)。
  • #1062: sphinx.ext.autodoc は __init__ メソッドのシグネチャをクラスのシグネチャとして使うようにした。
  • #1055: Web support でソースディレクトリへの相対パスができない問題を修正しました。
  • #1043: WindowsのPython-3.2を使用している環境において、sphinx-quickstartのyes/noの質問に何を答えても受け付けない(同じ質問を繰り返す)問題を修正。その環境でのみ input() がよけいな ‘r’ を付けていた。ありがとう Régis Décamps。
  • #1041: cppドメインパーサーが 修飾子付きのconst型をパース出来ない問題。
  • #1038: cppドメインパーサーがC+11の “static constexpr” 宣言をパース出来ない問題。ありがとう Jakub Wilk。
  • #1029: Python3.3環境において、intersphinx_mappingがの値が安定しない問題を修正。
  • #1028: Fix line block output in the text builder.
  • #1024: Makefile/make.bat のエラーメッセージを改善し、Sphinxがインストールされていない場合に分かりやすいエラーメッセージを表示するようにした。ありがとう Anatoly Techtonik。
  • #1018: Fix “container” directive handling in the text builder.
  • #1015: Stop overriding jQuery contains() in the JavaScript.
  • #1010: Make pngmath images transparent by default; IE7+ should handle it.
  • #1008: Python 3.3でテストが失敗していた問題を修正しました。
  • #995: LaTeXの “howto” クラスで目次とページナンバリングの問題を修正。
  • #976: Fix gettext does not extract index entries.
  • PR#72: #975: docutils 0.10 以前の環境において、gettextが定義リストの用語を展開しない問題。
  • #961: コード片が三重クォートを持っている場合のLaTeX出力を修正。
  • #958: Do not preserve environment.pickle after a failed build.
  • #955: i18n変換を修正しました。
  • #940: Fix gettext does not extract figure caption.
  • #920: PILのパッケージングの問題により、PIL名前空間無しで Image をimportしなければならない場合があった。PILあり、なしどちらの場合にも正しくimportできるように修正。ありがとうMarc Schlaich。
  • #723: ローカルファイルをWebKitベースのブラウザで閲覧している場合も検索機能が使えるように修正。
  • #440: あるファイルシステムの更新時刻の記録精度が悪いため、そのような環境でビルド時の更新対象ファイルの一覧生成が間違っていた問題を修正。

リリース 1.1.3 (2012 年 3 月 10 日)

  • PR#40: safe_repr 機能の修復。これにより非アスキー文字によるバイト列と文字列を正しくデコードできます。
  • PR#37: sphinx-apidoc のコンフィグが SPHINX_APIDOC_OPTIONS により可能となります。
  • PR#34: Python 2.4 に対する互換性の回復
  • PR#36: 特定のドキュメントクラスの LaTeX 出力での “参考文献の目次への追加” を修正
  • #695: “python” の文字がはっきりとハイライトされている場合は、非Pythonであるととらえて、構文解釈はしないでください。
  • #859: リンク対象の適切なオブジェクトが見つからない場合に起きる例外を修正。
  • #860: 不正なdoctest例があってもクラッシュしないようになりました。単に警告が出るだけになります。
  • #864: いくつかの設定でクラッシュを修正: modindex_common_prefix
  • #862: Puthon 3における -D および -A オプションのハンドリングを修復。
  • #851: 循環しているtoctreeを検知し、再帰エラーとなるのではなく警告を発するようになりました。
  • #853: Docutils トランクとの互換性を回復しました。
  • #852: HtmlHelpインデックスエントリーのリンクを再度修正しました。
  • #854: 組み込みのinheritance_diagramが属性エラーを発生する問題を修正しました。
  • #832: 用語集でコメントまたは単独の用語があった場合にクラッシュする問題を修正しました。
  • #834, #818: Sphinx がサポートする全ての言語での HTML help での 言語/エンコーディングマップの修正
  • #844: doctest 拡張で Unicode 出力を扱う際にクラッシュする問題を修正
  • #831: ヘルプに表示しているとおりにsetup_commandに --project フラグを追加
  • #875: Python 3 で config ファイルの読み取りを修正。
  • #876: Python 3 でクイック スタート テストを修正。
  • #870: ドキュメントを削除するときに嘘のKeyErrorが出る問題を修正しました。
  • #892: single-HTML ビルダーが、マスタードキュメントがサブディレクトリにある場合に誤った動作を行っていたのを修正。
  • #873: 空の only ディレクティブがあった場合にエラーとなる問題を修正しました。
  • #816: Qt ヘルプ ビルダーでエンコードの問題を修正しました。

リリース 1.1.2 (2011 年 11 月 1 日) - とにかく1.1.1 はバカなバージョンでした!

  • #809: ソース配布物にカスタムフィクサーを含めました。

リリース 1.1.1 (2011 年 11 月 1 日)

  • #791: QtHelp、DevHelp、HtmlHelp の索引エントリーへのリンクを修正しました。
  • #792: “sphinx-apidoc”をソース配布物に含めました。
  • #797: 不正な形式の用語集でクラッシュしないようになりました。
  • #801: SSLサポートがない場合でもintersphinが正しく動作するようになりました。
  • #805: ‘Sphinx.add_index_to_domain’ メソッドが正しく動作するようになりました。
  • #780: Python 2.5 の互換性を修正。

リリース 1.1 (2011 年 10 月 9 日)

互換性のない変更

  • The py:module directive doesn’t output its platform option value anymore. (It was the only thing that the directive did output, and therefore quite inconsistent.)
  • 古いパッケージへの依存を解除しました。現在は以下のパッケージ、バージョンが必要です:
    • Pygments >= 1.2
    • Docutils >= 0.7
    • Jinja2 >= 2.3

機能拡張

  • Python 3.xサポートの追加。
  • 新しいビルダーとサブシステム
    • Texinfoビルダーの追加
    • 内容の国際化(i18n)、 gettext ビルダーと、関連のユーティリティの追加
    • Added the websupport library and builder.
    • #98: sphinx-apidoc スクリプトの追加。これは、モジュールやパッケージのドキュメントを生成するための、autodocディレクティブを含むソースファイルの階層を自動生成します。
    • #273: 英語以外の言語の全文テキスト検索サポートを追加するAPIの追加。日本語のサポートの追加。
  • マークアップ:
    • #138: index ロールをインラインでの索引エントリーを作るために追加しました。
    • #454: indexマークアップの能力拡張。 see/seealsoエントリーや、mainエントリーの登録が可能に。
    • #460: HTML のセクションの深さを toctree での numbered オプションを利用して制限できるようにしました。
    • #586: glossary のマークアップの機能拡張が行われ、定義ごとに複数の用語が定義できるようになった。
    • #478: デコレータを説明するために、 py:decorator ディレクティブを追加。
    • C++ドメインで、配列の定義のサポート。
    • C++ ドメインがdocフィールドをサポート(ディレクティブ内での :param x:).
    • only ディレクティブ内のセクションヘッダも、きちんと正しくハンドリングされるようになった。
    • ソースコードディレクティブに emphasize-lines オプションを追加しました。
    • #678: C++ ドメインがスーパークラスをサポートするようになりました。
  • HTMLビルダー:
    • pyramid テーマの追加。
    • #559: パーマリンクとして表示する文字列を設定する、 html_add_permalinks 設定値の追加。
    • #259: HTMLテーブルで、偶数行と奇数行でゼブラ模様になるようなCSSの追加。
    • #554: テーマ オプション ‘sidebarwidth’ を基本テーマに追加しました。
  • 他のビルダー:
    • #516: latex_show_urls 設定値の追加。URLを脚注に表示するかどうかを決定する。
    • #209: text_newlines と、 text_sectionchars 設定値の追加。
    • man_show_urls 設定値の追加。
    • #472: linkcheckビルダー: HTTPのHEADリクエストを使い、設定されたタイムアウト時間を参考に、リンクチェックを並行で行う。 linkcheck_timeoutlinkcheck_workers の二つの設定値を追加。
    • #521: linkcheck_ignore 設定値の追加。
    • #28: LaTex ビルダーがテーブルの行/colspans をサポートしました。
  • 設定と拡張:
    • #537: nitpick_ignore 設定値の追加。
    • #306: env-get-outdated イベントの追加。
    • Application.add_stylesheet() は完全なURIを受け付けるようになりました。
  • Autodoc:
    • #564: autodoc_docstring_signature を追加。有効にすると(デフォルト)、autodocはdocstringの1行目からシグネチャを読み取ろうとする。
    • #176: private-members オプションをautodocディレクティブに追加。
    • #520: special-members オプションをautodocディレクティブに追加。
    • #431: 属性に対するドキュメントコメントを同じ行の配置で与えられるようになりました。
    • #437: autodocで、クラスのデータ属性の値が表示されるようになった。
    • autodocは functools.partial オブジェクトのシグニチャのドキュメントもサポートした。
  • 他の拡張:
    • sphinx.ext.mathjax 拡張の追加。
    • #443: 外部のGraphvizファイルを参照できるようになった。
    • graphvizディレクティブに inline オプションの追加。LaTeX出力のデフォルト(ブロック・スタイル)の修正。
    • #590: graphvizディレクティブに caption オプションを追加。
    • #553: doctest拡張に、 testcleanup ブロックを追加。
    • #594: trim_doctest_flags<BLANKLINE> 表示も削除する。
    • #367: 継承ダイアグラムで、非公開メンバーを自動で排除するようになったのと、この機能を有効か無効か切り替えるスイッチが追加された。
    • Added pngmath_add_tooltips.
    • math 拡張の displaymath ディレクティブが式にラベルを与えるための label に加えて name をサポートするようになりました、これは Docutils との互換性のためです。
  • 新言語:
    • #221: スウェーデン語翻訳を追加しました。
    • #526: イラン語翻訳を追加しました。
    • #694: ラトビア語翻訳を追加しました。
    • ネパール語翻訳を追加しました。
    • #714: 韓国語翻訳を追加しました。
    • #766: エストニア語翻訳を追加しました。
  • Release 0.6.8 (in development)
    • #778: 検索ページからリンクされたページでの “hide search matches” リンクの修正
    • “viewcode” 拡張により参照されたソースの位置を修正

リリース 1.0.8 (Sep 23, 2011年)

  • #627: オートサマリー生成でのアトリビュートエラーに対してのtracebackを修正。
  • Fix the abbr role when the abbreviation has newlines in it.
  • #727: Fix the links to search results with custom object types.
  • #648: Fix line numbers reported in warnings about undefined references.
  • #696, #666: Fix C++ array definitions and template arguments that are not type names.
  • #633: Allow footnotes in section headers in LaTeX output.
  • #616: Allow keywords to be linked via intersphinx.
  • #613: Allow Unicode characters in production list token names.
  • #720: Add dummy visitors for graphviz nodes for text and man.
  • #704: 画像ファイルが重複するバグを修正しました。
  • #677: Fix parsing of multiple signatures in C++ domain.
  • #637: Ignore Emacs lock files when looking for source files.
  • #544: Allow .pyw extension for importable modules in autodoc.
  • #700: Use $(MAKE) in quickstart-generated Makefiles.
  • #734: Make sidebar search box width consistent in browsers.
  • #644: Fix spacing of centered figures in HTML output.
  • #767: Safely encode SphinxError messages when printing them to sys.stderr.
  • #611: Fix LaTeX output error with a document with no sections but a link target.
  • Correctly treat built-in method descriptors as methods in autodoc.
  • #706: Stop monkeypatching the Python textwrap module.
  • #657: viewcode now works correctly with source files that have non-ASCII encoding.
  • #669: Respect the noindex flag option in py:module directives.
  • #675: Fix IndexErrors when including nonexisting lines with literalinclude.
  • #676: Respect custom function/method parameter separator strings.
  • #682: jQuery >= 1.5 でのJS非互換性を修正しました。
  • #693: Fix double encoding done when writing HTMLHelp .hhk files.
  • #647: Do not apply SmartyPants in parsed-literal blocks.
  • C++ドメインで、配列の定義のサポート。

リリース 1.0.7 (2011 年 1 月 15 日)

  • #347: Fix wrong generation of directives of static methods in autosummary.
  • #599: Import PIL as from PIL import Image.
  • #558: Fix longtables with captions in LaTeX output.
  • Make token references work as hyperlinks again in LaTeX output.
  • #572: デフォルトで、参照したラベルが見つからない時に警告を表示。
  • #536: nitpickyモード(訳注: verboseと同じ意味?恐らく警告をたくさん出す)時に、見つからない参照ターゲットについての警告を出すときに、行番号も出力。
  • #590: LaTeX出力時の、graphvizダイアグラムのインライン表示の修正。
  • #589: setupコマンド内で、app.build()を使用してビルド。
  • 継承ダイアグラムを生成する時に、親クラスに組み込みクラスが含まれていた時に例外が投げられるバグの修正。
  • C++ドメインのオブジェクトの、汎用的なインデックスのリンクの修正。
  • #332: LaTeX出力で、admonitionの境界線の表示。
  • #573: ファイルを削除した後にリビルドすると、KeyErrorが発生する事象の修正。
  • globスタイルのtoctree内で、ファイルを削除したときに出力されるtracebackの修正。
  • もし、autodocのオブジェクトがインポートできなかった時に、次のビルドで、そのディレクティブを含むドキュメントを常に再読込するようにした。
  • もし、autodocのオブジェクトがインポートできなかった時に、importエラーの完全なtracebackを表示するようにした。
  • ダウンロードファイルや画像ファイルが削除された場合に、それが通知されないバグの修正。
  • #571: Cドメインで、 ~ が先頭に付く時のクロスリファレンスを実装した。
  • # #556の修正(LaTeX出力)のリグレッションの修正。
  • #568: デスクリプタがついたクラスの属性ドキュメントの検索の修正が行われ、コメントのドキュメントが正しく動作するようになった。
  • ターゲットより前にある only ディレクティブのtracebackの修正。
  • C++ドメインのオブジェクトが重複した場合に発生するtracebackの修正。
  • Fix JavaScript domain links to objects with $ in their name.

リリース 1.0.6 (2011 年 1 月 04 日)

  • #581: Pythonドメインでクロスリファレンスの対象が空の場合の問題を解決
  • #283: Chromeブラウザにおけるリテラルブロックでの表示問題を解決
  • #383, #148: Support sorting a limited range of accented characters in the general index and the glossary.
  • #570: Try decoding -D and -A command-line arguments with the locale’s preferred encoding.
  • #528: Observe locale_dirs when looking for the JS translations file.
  • #574: Add special code for better support of Japanese documents in the LaTeX builder.
  • Regression of #77: If there is only one parameter given with :param: markup, the bullet list is now suppressed again.
  • #556: Fix missing paragraph breaks in LaTeX output in certain situations.
  • #567: Emit the autodoc-process-docstring event even for objects without a docstring so that it can add content.
  • #565: In the LaTeX builder, not only literal blocks require different table handling, but also quite a few other list-like block elements.
  • #515: Fix tracebacks in the viewcode extension for Python objects that do not have a valid signature.
  • Fix strange reports of line numbers for warnings generated from autodoc-included docstrings, due to different behavior depending on docutils version.
  • C++ ドメインにいくつの修正を行いました。

リリース 1.0.5 (2010 年 11 月 12 日)

  • #557: Add CSS styles required by docutils 0.7 for aligned images and figures.
  • In the Makefile generated by LaTeX output, do not delete pdf files on clean; they might be required images.
  • #535: ラインブロックを生成するLaTeX出力を修正
  • #544: .pyw をソースファイルの拡張子として使えるようにしました。

リリース 1.0.4 (2010 年 9 月 17 日)

  • #524: Open intersphinx inventories in binary mode on Windows, since version 2 contains zlib-compressed data.
  • #513: Allow giving non-local URIs for JavaScript files, e.g. in the JSMath extension.
  • #512: Fix traceback when intersphinx_mapping is empty.

リリース 1.0.3 (2010 年 8 月 23 日)

  • #495: Fix internal vs. external link distinction for links coming from a docutils table-of-contents.
  • #494: Fix the maxdepth option for the toctree() template callable when used with collapse=True.
  • #507: Fix crash parsing Python argument lists containing brackets in string literals.
  • #501: Fix regression when building LaTeX docs with figures that don’t have captions.
  • #510: Fix inheritance diagrams for classes that are not picklable.
  • #497: Introduce separate background color for the sidebar collapse button, making it easier to see.
  • #502, #503, #496: Fix small layout bugs in several builtin themes.

リリース 1.0.2 (2010 年 8 月 14 日)

  • #490: Fix cross-references to objects of types added by the add_object_type() API function.
  • Fix handling of doc field types for different directive types.
  • Allow breaking long signatures, continuing with backlash-escaped newlines.
  • Fix unwanted styling of C domain references (because of a namespace clash with Pygments styles).
  • Allow references to PEPs and RFCs with explicit anchors.
  • #471: LaTeXでの図への参照を修正
  • #482: When doing a non-exact search, match only the given type of object.
  • #481: Apply non-exact search for Python reference targets with .name for modules too.
  • #484: Fix crash when duplicating a parameter in an info field list.
  • #487: Fix setting the default role to one provided by the oldcmarkup extension.
  • #488: Fix crash when json-py is installed, which provides a json module but is incompatible to simplejson.
  • #480: Fix handling of target naming in intersphinx.
  • #486: Fix removal of ! for all cross-reference roles.

リリース 1.0.1 (2010 年 7 月 27 日)

  • #470: Fix generated target names for reST domain objects; they are not in the same namespace.
  • #266: ベンガル語を追加
  • #473: JavaScriptのオブジェクト名の解釈のバグを修正
  • #474: toctreeが無いときにSingleHTMLBuilderでのビルド出力を修正
  • intersphinxによりターゲットを明示してリンクされたオブジェクトの表示名を修正
  • JSONビルダーでのビルドを修正しました。
  • LaTeXでのオブジェクト説明での参照を修正しました。

リリース 1.0 (2010 年 7 月 23 日)

互換性のない変更

  • 言語ドメインサポートを追加しました。ドメインとはディレクティブとロールの集合で例えばプログラミング言語の要素などです。いくつかのドメインを標準で提供しています:
    • Python
    • C
    • C++
    • JavaScript
    • reStructuredText
  • C言語の定義とリンク向けの以前のマークアップは非推奨となりました。この機能は将来のバージョンでは標準では利用できなくなります。利用するためには oldcmarkup 拡張を有効にしてください。Sphinx 1.0 では標準で有効です。
  • 古いパッケージへの依存を解除しました。現在は以下のパッケージ、バージョンが必要です:
    • docutils >= 0.5
    • Jinja2 >= 2.2
  • 以下の非推奨エレメントが削除されました:
    • 設定ファイルの exclude_dirs
    • sphinx.builder モジュール

機能拡張

  • 共通機能:
    • Added a “nitpicky” mode that emits warnings for all missing references. It is activated by the sphinx-build -n command-line switch or the nitpicky config value.
    • Makefileのターゲットに latexpdf を追加しました。
  • マークアップ:
    • menuselectionguilabel ロールにアンパサンドを利用したショートカットキーの表示に対応しました。
    • docフィールドの新しい簡潔な文法として、次の書き方を推奨します: :param type name: description.
    • tab-width オプションを literalinclude ディレクティブに追加しました。
    • titlesonly オプションを toctree ディレクティブに追加しました。
    • prependappend オプションを literalinclude ディレクティブに追加しました。
    • #284: 全てのdocinfoメタデータを著者だけではなくドキュメントのメタデータに入れるようにしました。
    • ref ロールはテーブルのキャプションも参照します。
    • include ディレクティブは絶対パスをサポートします。これまではソースディレクトリからの相対パスとして解釈されていました。
    • Python ドメインにおいて :func:`.name` のような参照は、もし完全一致するものが見つからない場合は、前に文字列があるものにマッチするようになりました。
  • 設定:
    • rst_prolog 設定値を追加しました。
    • セクション番号のけフォーマットを指定する html_secnumber_suffix 設定値を追加しました。
    • docutilsのリスト出力方法を指定する html_compact_lists 設定値を追加しました。
    • html_sidebars 設定値のキーにパターンを指定出来るようになりました。また、値として描画するサイドバーのテンプレートをリストで明示することが出来るようになりました。これによって、どの組み込みサイドバーを表示するか選べるようになりました。
    • html_static_path に、単独のファイルを指定できます。
    • 従来の unused_docs, exclude_trees, exclude_dirnames を廃止し、新しい共通の設定値 exclude_patterns を導入しました。
    • html_output_encoding 設定値を追加しました。
    • latex_docclass 設定値を追加し、2つ目のdocumentclassオプションを1つ目で上書きできるようにしました。
    • trim_doctest_flags 設定値を追加しました。デフォルトはtrueです。
    • html_show_copyright 設定値を追加しました。
    • latex_show_pagerefslatex_show_urls 設定値を追加しました。
    • html_file_suffix の動作を若干変更しました。空の文字列を設定した場合は”default suffix”ではなく”no suffix”となるようにし、”default suffix”を指定する場合は None を設定します。
  • 新しいビルダー:
    • Epubビルダーを追加しました。
    • manual pageビルダーを追加しました。
    • 一つのHTMLファイルにまとめて出力するビルダーを追加しました。
  • HTML出力:
    • インラインのroleはそのロール名のCSSクラス名が付くようになりました。このCSSクラス名を利用してデザインのカスタマイズを行えます。ドメインのロールは二つのCSSクラス domaindomain-rolename が設定されます。
    • 同一ページ内への参照だけでなく、同一プロジェクト内への参照にはCSSクラス名 internal が付くようになりました。
    • 外部への参照のデザインを調整可能とするため、 externalrefs テーマオプションがデフォルトのテーマに追加されました。
    • デフォルトテーマにおいて、サイドバーに実験的な機能、サイドバー折りたたみ機能が追加されました。利用するためには collapsiblesidebar テーマオプションを指定して下さい。
    • #129: HTML出力時に、目次ツリー全体を div タグで囲み、class名 toctree-wrapper を付けました。
    • テンプレート内の toctree 呼び出しに maxdepth キーワード引数を追加し、ツリーの深さをコントロール出来るようにしました。
    • テンプレート内の toctree 呼び出しに titles_only キーワード引数を追加しました。
    • htmltitle ブロックをレイアウトテンプレートに追加しました。
    • JavaScript検索において、 sys.argv のようにモジュール名とオブジェクト名を含む名前を検索出来るようにしました。
    • 新しいテーマ haiku を追加しました。これは Haiku OS ユーザーガイドにインスパイアされています。
    • 新しいテーマ nature を追加しました。
    • 新しいテーマ agogo を追加しました。Andi Albrecht が作成しました。
    • 新しいテーマ scrolls を追加しました。 Armin Ronacher が作成しました。
    • #193: visitedlinkcolor テーマオプションをデフォルトテーマに追加しました。
    • #322: 検索ページの応答速度を改善しました。検索インデックスを非同期で読み込むようにしています。
  • Sphinx拡張API:
  • Sphinx拡張:
    • viewcode 拡張を追加しました。
    • extlinks 拡張を追加しました。
    • autodocのソート順にsource順を指定する設定を追加しました。次のように記載します autodoc_member_order = 'bysource'
    • autodoc_default_flags 設定値を追加しました。これは全てのautodocディレクティブのデフォルトフラグを選択するために使用されます。
    • intersphinxにおいて、他のプロジェクト内の名前付きラベルを参照する方法と、強制的にリンク先プロジェクト名を指定する方法を追加しました。
    • #280: autodoc はドキュメントのインスタンス属性を __init__ メソッドで設定出来るようになりました。
    • autosummary 拡張について、多くの改良と修正を行いました。ありがとう Pauli Virtanen.
    • #309: graphviz 拡張がPNGではなくSVG画像を出力するオプションを追加しました。設定は graphviz_output_format で行います。
    • graphviz 拡張のディレクティブに alt オプションを追加しました。
    • autodoc.between()exclude 引数を追加しました。
  • 翻訳:
    • クロアチア語の翻訳を追加しました。ありがとう Bojan Mihelaト・
    • トルコ語の翻訳を追加しました。ありがとう Firat Ozgul.
    • カタロニア語の翻訳を追加しました。ありがとう Pau Fernテ。ndez.
    • 中国語の翻訳をシンプルにしました。
    • デンマーク語の翻訳を追加しました。ありがとう Hjorth Larsen.
    • リトアニア語の翻訳を追加しました。ありがとう Dalius Dobravolskas.
  • Release 0.6.8 (in development)
    • #445: dirhtml ビルダーで生成したHTMLで検索機能が有効でないURLを検索結果として表示していた問題を修正。
    • #444: テンプレートで、”striptags” jinjaフィルタを使って正しく値をエスケープするようにした。

以前のバージョン

バージョン1.0以前の変更履歴は、ソース配布の CHANGES.oldGithub にあります。