検索アダプタ

カスタムの検索アダプタを作成したい場合にには、 BaseSearch クラスのサブクラスを作成する必要があります。その後、新しいクラスのインスタンスを作成し、 WebSupport オブジェクトのを作る時に、 search キーワード引数で渡します:

support = WebSupport(srcdir=srcdir,
                     builddir=builddir,
                     search=MySearch())

カスタムの検索アダプタを作る際のより詳しい情報は、これから説明する BaseSearch クラスのドキュメントを参照してください。

class sphinxcontrib.websupport.search.BaseSearch

検索アダプタのインタフェースを定義しています。

バージョン 1.6 で変更: BaseSearch クラスは sphinx.websupport.search からsphinxcontrib.websupport.search へ移動しました。

メソッド

これらのメソッドがBaseSearchクラスに定義されています。いくつかのメソッドはオーバーライドする必要はありませんが、サブクラスでオーバーライドしなければならないもの(add_document() , handle_query())もあります。組み込みのwhoosh検索アダプタが、動作可能なサンプルとなっています。